« 仇をとる2 | トップページ | 国税・税務署との対決1 »

仇をとる3

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

不可解なことである。
税務調査というものは、申告された納税額が正しいかどうかを調べる作業である。収入が漏れていないか、経費として計上してある項目が、実際に経費に該当するかどうかを、帳簿や原始資料である領収書や請求書、預金通帳等の資料で確認する。調査の過程で、不審点があれば、それを指摘し、質問して真偽をただす。そして、調査額が、申告された納税額と異なっていれば、調査官が修正申告を慫慂(しょうよう)し、それに応じなければ、税務署長が更正決定をして本人に通知する、という順序をたどる。

税務調査は、初めてではない。
数年前の前回は20万円ほど開きがあったが、当時の担当者からは収入の期別のずれという詳しい説明を受け、納得して修正申告に応じている。
今回は、質問も説明もない。そもそも、保存してある資料の大半が未調査であるのに、収入金額も経費も、丸ごと修正してきている。
確かに、帳簿等が一部未整備の部分もあり、それを整理したうえ提示せよ、という要請はあった。だから、整理して提示できるように準備していたのであるが、要請しておきながらその資料を確認もしない。
資料を確認していないから、推計という方法に頼ったのだろうが、確認しうる資料があるのに推計をよりどころに結論をだすなど論外である。しかも、申告額と調査額の開きの説明もせず、修正申告の慫慂(しょうよう)さえしないまま、いきなり、更正通知をする、などと言っているのだ。
「文書で通知する」と言っていた意味は、更正通知を指すことは明らかだった。

むろん、更正決定に対しても、異議申立や審査請求、税務訴訟等で争うことはできる。しかし、異議申立や審査請求は、更正決定をした税務署や国税不服審判所に対してするもので、いわば身内のため公平な採決は期待できない。また、裁判所の場合は、ある程度公平な判決は期待できるが、時間と費用がかかりすぎる。
何より厄介なのは、更正通知されると、その修正額の真偽いかんにかかわらず、ただちに全額納付しなければ、延滞金がどんどん加算されていく、ということだ。

(おのれ)
私は、心の中で叫んだ。
古賀財務事務官の事件を黙殺するだけでなく、こんなあくどいやり方で仕返ししてくるとは。
(汚いやつらだ)
税務署に対して不信感が起こった。
国税・税務署側との対立が次第に深まっていった。

|

« 仇をとる2 | トップページ | 国税・税務署との対決1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3225207

この記事へのトラックバック一覧です: 仇をとる3:

» 徳山高専研究室で20歳女子学生絞殺 [zara's voice recorder]
徳山高専研究室で20歳女子学生殺害、首にひも…山口 28日午後3時ごろ、山口県周南市久米、徳山工業高等専門学校(天野徹校長、692人)の専門科目棟(4階建て)2階の研究室で、同校土木建築工学科5年の中谷歩(あゆみ)さん(20)(山口県防府市伊佐江)が床に..... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 06時43分

» 【中谷歩さん殺害事件続報】殺害の高専女子学生、つめの間に皮膚片…DNA鑑定 [オススメ本。新刊・予約・話題本の通販販売]
山口県周南市の徳山工業高等専門学校の研究室で、土木建築工学科5年中谷歩(あゆみ)さん(20)(山口県防府市伊佐江)が殺害された事件で、中谷さんの手のつめの間から皮膚片が見つかっていたことが分かった。  県警の捜査... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 21時11分

« 仇をとる2 | トップページ | 国税・税務署との対決1 »