« はじめに | トップページ | ガチンコの勝負 »

牙を剥いた権力

平成16年2月5日木曜日、仕事で外出していた私の携帯電話に、家族から緊急の連絡が入った。
聞くと、今、自宅に、中警察署の警察官が7~80人来ていると言う。逮捕状が出ており、私を捜していると言うのだ。

「警察が7~80人?、逮捕状?」 突然のことで、まったく事態が理解できなかった。
なぜ、自分が警察に逮捕されなければならないのか。7~80人といえば、暴力団本部のガサ入れなどで動員する人数である。7~80人の警察官が、自宅周辺にたむろしていることを想像すると、一瞬、身震いを覚えた。

冷静さを取り戻して、状況を尋ねると、刑事の1人が、本件の容疑は、中税務署の職員とのいざこざの件だと言っていた、と言うのである。
言われてみれば、税務職員とのトラブルは、確かにあった。
しかし、私が刑事事件で逮捕されるようなことをした覚えはなく、むしろ、その税務職員こそ、厳しく責任を追及されねばならない不正行為を働いていたのである。
その税務職員の不正行為につき、直属の中税務署の署長や国税庁長官らに対して、今まで、再三文書や電話で抗議してきたが、無視するばかりで、何の対応もしなかった。そのため、これまでどおりこのまま黙殺して何も対応しなければ、訴訟を提起して法的手段に訴えると内容証明郵便で厳しく最終警告した。
それでも、民をなめきっているのか、抗議の文書が責任ある者まで届かなかったのか、やはり何の反応もなかったのである。

やむをえず、警告どおり、同年2月2日に国を相手に民事訴訟を起こしたところ、驚いたことにその3日後に、いきなり警察が逮捕に来るという、すさまじい反応を示したのだった。

|

« はじめに | トップページ | ガチンコの勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3113603

この記事へのトラックバック一覧です: 牙を剥いた権力:

» 高層マンション、タワーマンションの真実 [高層マンション、タワーマンションの真実]
地上40階住民が語る高層マンション、タワーマンションの真実 [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 02時37分

« はじめに | トップページ | ガチンコの勝負 »