« 請願 | トップページ | 調査結果の説明2 »

調査結果の説明1

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

平成15年12月20日の国税庁長官への誓願も、黙殺されただけだった。

請願事項については、黙殺されたが、竹山孝財務事務官(特別国税調査官)からは電話があった。
私が留守だったため、修正の件で返事がほしいから電話をくれ、ということづけが、事務所にあったのである。

修正申告の返事というと、やっかいである。全く何の説明も聞いていないから、修正するとは当然言えないし、かといって、修正しないと言えば、向こうの思う壺である。修正を勧めたのに本人が拒絶したため、やむなく更正決定に踏み切った、という都合のいい理由を与えるからである。

だいたい、やり方が汚かった。
いきなり調査を終わりにすると言って、調査金額を提示された12月12日は、こちらの質問にはまともに答えず、詳しく調べていたら時間がかかるだとか、わからないから課税するだとかいう、人を馬鹿にしたような回答であった。
そんな説明では当然納得できないから、更に細かく質問すると、自分はこれで担当から外れるから、そういうことは次の担当者に言え、と言うのである。そして、その時は、修正申告の話は全くせず、文書で通知する、と断言していた。
文書での通知が更正通知であることは、容易に推察できる。最初から、いきなり更正決定をする意図だったことは、明らかだ。
それが、その後の私の激しい抗議に、いきなり更正決定することに躊躇を覚え、修正申告の慫慂(しょうよう)をしたが拒否されたため、更正決定に踏み切ったという形に持っていこうとしているのであろう。

真摯に対応する気が税務署側にあるのであれば、感情かこじれて信用のなくなった竹山財務官だけに説明させるはずはない。上司に当たる署長か副署長を同席させて、説明させるはずである。
正しい説明をして十分納得させた上で修正申告の慫慂(しょうよう)を図る方が、物事の解決が早いのだ。それをしないということは、もともと調査がずさんで、立会いの上司にまで責任が及ぶことを心配しているからであり、立会いができない不都合な理由が多々あるからではないのか。

竹山財務事務官から電話があったのは、12月24日である。
国税庁長官へ誓願したのは12月20日であるが、その日は土曜日であるから、同長官のもとに届けられるのは、早くても月曜日の22日である。請願書を見ての慌てた行動であることは容易に推察できるが、請願事項に真摯に対応するという行動ではなく、他の方法で請願事項を握りつぶすという強引かつ姑息なやり方なのである。

調査結果の正しい説明は、譲れないゆえんであった。

|

« 請願 | トップページ | 調査結果の説明2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3304180

この記事へのトラックバック一覧です: 調査結果の説明1:

» 9月4日(月) 朝版 [地球の日記☆マーク♪のblog☆]
堀江被告、初公判で無罪を主張  かつての「風雲児」は、法廷でネクタイを絞めていました。ライブドア事件で、証券取引法違反の罪に問われた堀江貴文被告の初公判が始まり、堀江被告は「指示をしたことなどはありません」と無罪を主張しました。一方、検察側は、堀... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 08時02分

» 堀江被告 初公判 [FREE TIME]
今日、ライブドア元社長・堀江貴文氏の初公判が行われました。 60席の傍聴席を求めて2000人以上も集まったとか・・・。 かつての麻原初公判には及ばないまでも、やはり今回の事件への関心がそれだけ高いということなんですかね?... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 08時23分

» 堀江貴文被告初公判 [多数に埋もれる日記]
公判が始まりました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 08時59分

» 堀江被告、起訴事実を全面否認 [DANGER]
堀江被告、起訴事実を全面否認 ライブドア事件初公判 ライブドア事件で、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪に問われた前社長・堀江貴文被告(33)の初公判が4日午前、東京地裁(小坂敏幸裁判長)で始... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 09時51分

» 堀江被告 無罪主張 [王様の耳はロバの耳]
堀江被告、初公判で無罪主張 ライブドア事件 (朝日新聞) - goo ニュース 前ライブドア社長堀江貴文氏の証券取引法違反にかかる初公判で起訴事実を全面否認した 証券取引法違反の偽計取引と風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載との検察の主張に対し「そういった種類の犯罪犯罪を行ったことも、指示した事もない 悪意に満ちており、起訴は心外だ」と {/hiyoko_thunder/} 検察と堀江氏いずれの主張が真実に近いのか「重大経済事件」として�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 12時15分

» <堀江被告初公判>「起訴は心外」無罪を主張 東京地裁 [Boooo Shit!]
今日は書かなくてはなるまい。 だけど、この人の記事を書くのもこれが最後だろ。 とうとうこの日が来た。 裁判の行方、当人の主張。それらは正直言ってあまり興味が無い。彼が「こう言うだろう」というのはやはり終始一貫し、実際、法廷でも同じ事を口にしたようで100%何が何でも争う構え。あとは法が何らかの結論を出すだろう。 ライブドアと取引が始まって何通もの契約書をやり取りしてた頃。思い起こすと、それが堀江カラーのライブドアのピークだったに違いない。それから数ヵ月後、突然の立候補。勿論、... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 13時50分

» 堀江貴文氏、初公判で無罪主張 [One And Only]
「ホリエモン」こと堀江貴文氏。 メディアは過去の取材経験から・・・ 「この人は気に食わないけど何かをする男だ」 「この人は好きにはなれないけど頭はめちゃくちゃいい」 という印象から・・・ 「無駄を嫌う堀江氏が本気で公判対策を練るのなら、もしかすると本当に..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 19時01分

» 9月4日(月) の出来事 [ニュース☆もう新聞紙は要らない]
最新の映像ニュース詳細は http://a007mark.ameblo.jp/  で 堀江被告、初公判で無罪を主張  かつての「風雲児」は、法廷でネクタイを絞めていました。ライブドア事件で、証券取引法違反の罪に問われた堀江貴文被告の初公判が始まり、堀江被告は「指示をし...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 16時08分

« 請願 | トップページ | 調査結果の説明2 »