« つぼ破損事件:口論2 | トップページ | つぼ破損事件:口論4 »

つぼ破損事件:口論3

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

「今日はしっかり説明していただけるという話でしたが、こんなことでは、またいいかげんな説明しかしてもらえないかもしれませんな」
私は、カセットテープレコーダーから竹山財務事務官との電話の内容を録音したテープを取り出し、新しいカセットテープに入れ替えた。
そして、
「しっかり説明していただくため、今日の説明の内容を録音させていただきますよ。いいですか」
と言って、テープレコーターをセンターテーブルの上に置いた。

すると、竹山財務事務官は、
「説明をテープで録音するなど、普通の状態じゃない。調査を終わりにする!」
と怒ったように言い、カバンとコートを手に持ち、帰ろうとして立ち上がった。
私は慌てた。
「しっかり説明すると言っておきながら、途中で帰るんですか!」
私は咄嗟に、帰ろうとする竹山財務事務官を、座ったまま持ってきたカメラで撮影した。
連続で2回シャッターを押した。デジタルカメラではないから、きれいに写っているかどうか確認できなかったが、1枚目は竹山財務事務官が立ち上がって横を向き、河地財務事務官の方へ移動するところを写しており、2枚目は河地財務事務官の席まで来たとき、席から立ち上がって持っていた書類で自分の顔を隠した河地財務事務官と一緒のところを写した。

竹山財務事務官は、そのまま応接ソファーから離れて行き、隣の事務室との境にある扉を開けて応接室から出て行こうとした。
が、何を思ったのか、向きを変えて一、二歩応接ソファーの方へ戻ってきて、立ち止まった。

「写真を撮るとは何事ですか!写真を返しなさい!」
と、竹山財務事務官は、激しい口調で言った。
「あんたが途中で帰るからじゃないか。説明しないのか!」
私の口調も激しくなった。
「写真を撮ったりして、そんなのは普通の状態じゃあない。調査を打ち切って更正処分を行いますが、いいですか」
「いいかげんな調査をして、嘘ばっかりつくのが普通の状態か。更正処分?やるなら、やってみろ。説明もせんと、職務怠慢じゃないのか!」
私も言葉を返した。
「いいかげんな調査とは何事ですか!私がどんな嘘をついたと言うんですか」

何を白々しくぬかすのだ、と私は思った。
署長同席のもとで説明することに同意しながら、約束をほごにし、しかも同意したこと自体否定しているではないか。当初の調査結果の説明では、詳しく調べていたら時間がなくなるとか、よくわからないから課税するとか言っておきながら、後になってそんなことは言っていないなどと否定しているではないか。現に今も、しっかり説明すると言いながら、難癖をつけて説明していないではないか。
これらを嘘と言わずに何と言うのだ。
今まで、都合が悪くなると、そのつど平気で嘘をついてきて、私がどんな嘘をついたのだ、とはよく言えたものだ。

|

« つぼ破損事件:口論2 | トップページ | つぼ破損事件:口論4 »

コメント

いい加減な官僚ですね。
こんな嘘つき官僚が、今の世の中、平気でまかり通っています。
ちなみに、竹山、と言う奴は、今の日本を壊している張本人。
続きを読みます。

投稿: 衛藤 典雄 ohako | 2006年9月10日 (日) 16時16分

TBをたどってやってきました。津地方検察庁における勤務時間内の差別発言事件とその隠蔽工作についてそのうちupしようと思います。

最近の公務員(特に上の方)は憲法遵守の義務を無視するのが商売なんですかね。ゴジラかモスラにでも踏み潰してもらいたいですね。

説明は公務ですし、公務執行中の公務員に肖像権はありませんから、徹底的に追い詰めてやったほうが皆のためではないかと思います。

投稿: TAC | 2006年9月10日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3365694

この記事へのトラックバック一覧です: つぼ破損事件:口論3:

» デスノートの漫画家・小畑健逮捕いろいろ [佐藤 健の溶解する日本]
 ネット内でこの事件が結構取りざたされているんだけどもさ、やっぱ職質でこれ出たんだもんしょうがないっしょ。 そしてネット内ではどこからセーフでどこからアウトなんてな話が飛び交ってますが、銃刀法の雑則第二十二条にある所謂刃渡りの六センチメートルルールにも八センチメートルルールにも抵触してんだからさ。... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 17時26分

« つぼ破損事件:口論2 | トップページ | つぼ破損事件:口論4 »