« 勾留 | トップページ | 取調べ2 »

取調べ1

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

警察の取調べは、遅々として進まなかった。
被疑者が黙秘しておれば取調べは進まないだろうが、私の場合は黙秘はせず積極的に話そうとしているのに、先へ進まないのである。
だいたい取調べ自体がなかった。同部屋のU氏や他の被疑者は一日2~3回取調べで部屋を出て行くが、私の場合は取調べがない日の方が多かった。
「今日も取調べ、なかったねえ」
U氏に、よくそう言われた。

取調べは屈辱である。
権力を背景とする立場の強い者が複数で、拘禁状態に置かれ先行きに不安を抱える精神状態の、立場の弱い一人の人間を取り調べるのである。
その優位な立場を利用して、まるで日頃の警察業務のストレスを、取調べの場ですべて発散しているような激しい言動でのぞむ警察官がいる。あるいは、事件の真相を究明するというものではなく、自分の出世のためだけに、半ばだましのような手口で都合のよい供述を引き出させる警察官もいる。
拘禁されている被疑者など人間扱いしていたら、仕事が円滑に進まないからかもしれないが、社会正義を標榜する本来の姿勢には、ほど遠いものがあった。取調べに名を借りた、体のいいいじめが、いわば日常的に行われているというのが取調室の実態だ。

私の担当刑事は、山本晋という巡査部長だった。
30代の前半だろう。頭を短髪に刈り上げ、ヤクザ者のはく派手なズボンに黒っぽいジャンバー姿といういでたちが多かった。肩をゆすって歩く癖がある。年が若いせいか、ヤクザ者やチンピラ達になめられまいとして、かなり背伸びしている感じを受ける。
意識してのことかどうかわからないが、対峙して人を見るとき、首を振ってあごを突き出し、下からなめるような目で見てくるのである。
「うそを言っとるな!おら、おら、ほんとのこと言えよ」
と、態度で訴えているようなしぐさだった。
うそのかぎりをつくすたちの悪い被疑者と毎日のように接していると、自然にそのような習癖が身につくのかもしれない。

山本刑事に会ったとき、人相が悪いな、と最初思った。私も人相はよくないので人のことは言えないが、刑事課の警察官は、ヤクザか警察かよくわからないような者が多い。

取調べに入ったとき、最初に、言いたくないことは言わなくてもよい、と黙秘権があることを一応伝えてはくるが、法律に規定があるから形式上告げるだけで、その後は、言いたくないことほど無理やり言わせるのが取り調べの本来の姿である。

逮捕の当日など、まことにくだらない質問ばかりだった。
本人の名前や住所の質問は当然だろうが、妻や母親の年齢、国籍、子供の年齢や通っている学校などをねちねち聞いてくるのである。
自分以外の家族のことを根掘り葉掘り質問されると、気味が悪くなる。本事件に、何の関係があるのだ。特に妻や娘のことをしつこく聞かれると、何か下心でもあるのではないか、と疑いたくなる。

私自身のことについても、ろくな質問はなかった。
性格はどんな性格だ、怒りっぽい方か、おっとりしている方か。友達はどんなような友達だ、友達の人数は多いか少ないか。人には好かれているか。収入や財産はどれだけだ。趣味は何だ。嗜好品は。怪我はあるか。病気はしたか。休みの日は何をしている、といった調子である。
私が話したい肝心の事件のことは、全く質問しないのである。

だいたい、自分の性格を言えと言われても、一言で言えるようなものではない。気が長いか短いかと質問されても、はっきり分類できないのだ。
その日の気分によって怒りっぽくなったり、悠長にふるまったりするのが、大多数の人間である。理性的な面と感情的な面を併せ持ち、真面目な部分と不真面目な部分が交錯して、時と場所によりそれらが異なって顕在化するのが普通の人間である。短気な性格だとか、真面目な性格だとかいうように、一言で性格を表現できるような人間などあまりいないのだ。

私は、こんな質問に、いちいち真剣に答えるのがばかばかしくなった。
しかも、環境の急激な変化で疲れてもいた。
「もう、言いたくないですわ」
と私は質問を遮った。
すると山本刑事は、上体を後ろに反らし、非常におおげさに驚いたふりをして、
「こういう身上のことで正直に話してくれんかった者は、いままでおらんかったなあ」
と、あごを突き出し、なめるような横目使いで私の方を見ながら言った。

|

« 勾留 | トップページ | 取調べ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3470773

この記事へのトラックバック一覧です: 取調べ1:

» 挙証責任は検察側にある! [ちょっと一言]
 植草氏が痴漢行為の容疑で逮捕されている事件がワイドショーで大きく取り上げられて [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 10時28分

« 勾留 | トップページ | 取調べ2 »