« 証拠検討:6 | トップページ | 証拠検討:7 »

〈国税当局による言論妨害〉

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

国税当局は、言論妨害をやめろ!

ブログの不正抹消は、言論妨害である。
言論妨害を行うのは、国家権力やカルト集団、過激な圧力団体等である。
強大な力を持った組織が、その組織力に物を言わせて行ってくる犯罪行為だ。

当ブログでは、私を犯罪者にでっち上げた国税の職員らを実名で糾弾している。
その報復か、嫌がらせか、最近、とみに妨害行為が著しくなっている。妨害行為を行っているのは、むろん、実名で糾弾されている国税の関係者であることは明白である。

Bulogu_110

右の資料は、10月27日のYAHOOのブログ検索結果を印刷したものである。当ブログの投稿記事は、すでに70件ほどになっているが、投稿記事の履歴は10件にとどまっている。つい数日前までは5件しかなかった。つまり、過去に60件ほどが不正に消されていることになる。

当ブログの履歴が消されただけではない。
数日前には、新規記事を投稿しても、YAHOOのブログ検索欄に新規記事がすぐには載らないという事態が発生した。関連する検索欄全てにである。
但し、次の記事を投稿すると、前の記事が検索欄に載るのである。従って、私の記事は一日遅れで検索欄に現れることになるので、ほとんど人目につかなくなる。
そこでブログのプロバイダーであるココログに照会したが、ココログの検索欄には正常に掲載されており、何ら異常はないという。
しかし、状態が改善されないため、YAHOOのブログ検索欄をコピーして再度ココログに問い合わせた。リンクしているYAHOOの方も調べてくれと問い合わせたのだ。
ココログからの回答は、また、いろいろ調査したが異常はなかったというものであったが、不思議なことに、その回答と前後して、新規記事が検索欄にすぐに掲載されないという、それまでの現象が直ってしまったのである。
全く、不可解なことであった。

Bulogu_103

右の資料は、10月18日に、YAHOOのブログ欄において名古屋中税務署で検索した結果を印刷したものである。
一致する記事は7件だけで、そのうち4件が、表示のとおり私のブログ記事である。


Bulogu_104

同じように、10月27日にも名古屋中税務署の検索結果を印刷してみた。
すると、10月18日には7件だった記事が5件になっており、当時4件あった私のブログ記事のうち3件が消えてなくなっているのである。
名古屋中税務署に関するブログ記事がたったの5件とは、いかにも驚きである。
2と3の記事の間、つまり7月28日から10月18日までは全く記事がないことになっているが、実はこの間は、名古屋中税務署の職員の不正を糾弾する私の記事が数十件あったのだ。
私が関連記事を投稿すると、手当たり次第消しまくっていた、という事実がこのことからもはっきりする。

誰が消したのか。
いうまでもなく、記事の内容に困る人間であろう。

国税当局が、プロバイダーに圧力をかけて消したのか、それとも、他の何らかの手段で消したのかはわからないが、いずれにせよ、不正にブログ記事の履歴を消したことは確かであり、許されざる言論妨害といえるのではないだろうか。

Bulogu_105

また、わけのわからないトラックバックも、非常に多い。
右の印刷資料でもわかるように、私のブログ管理欄のトラックバック一覧は、常時アルファベット文字タイトルのトラックバックで埋め尽くされる状態となっている。
毎日、数十件も貼りつけられるのである。
IPアドレスに投稿規制をかけても、また別のIPアドレスに変えて貼りつけてくるという執拗さである。

これほど執拗に、トラックバックを張りつけてくる意味はあるのか。
嫌がらせ以外の何物でもないだろう。
これらは、トラックバックの公開を承認制に切り替えたため、実質的な支障はなくなったが、心理的な圧力は全くないとはいえないだろう。

また、これらの嫌がらせの大部分には、当ブログの記事内容に利害を持つ当局関係者の仕業という確定的な証拠はないが、中にはそれらしい記事も含まれている。
インターネットのサイト上では表示されない、皮肉な表現が込められたトラックバックがそれである。
記事の内容に関して脅しとも、労わりとも取れる表現であるが、記事内容に関してメッセージがあるのであれば、コメント欄に書いて投稿すればよいのである。後ろめたい意図がなければ、トラックバックのタイトルに隠して人目に触れぬメッセージを送る必要性などないはずである。

このように、いろいろな手段で当ブログへの妨害が行われているが、今後もこのような妨害が続くようであれば、徹底的に調査して、法的手段を含む厳しい態度で対処する所存であることを、妨害者に警告しておきたい。

|

« 証拠検討:6 | トップページ | 証拠検討:7 »

コメント

こんにちわ
コメントやトラックバックのスパムが多くて困ってしまいますね。
ご存知だとは思いますが、トラックバックの場合 二通りあって、一つは特定ブログ目当ての嫌がらせ目的、もう一つはソフトを使って片っ端から送る方法ですね。
4つの数字の組み合わせになってるIPアドレスの左二つはほとんど同じで、右二つがコロコロ変るんですよね?
私もココログのフリープランで、いいかげん嫌になってココログに問い合わせたことあるんですが、フリープランだと4つ全部指定しないと拒否設定できないけど、ベーシックプランなんかだと、左二つの指定で、右二つはどんな数字でもっていうような設定もできるみたいに言ってました。
また、日本語を一字も含まないのを拒否する設定などもあるかもしれないですね。

とはいえ今さら変更するのも、記事自体は簡単に移せるけど、写真等は手作業になって相当な手間がかかるもんで、とてもそんなことできませんけどね(^。^;;

で、とりあえずソフト使ってのトラックバックの場合に限ってですが、これは一度通ることによって有効なのが確認されるので、その後もどんどんくるわけで、逆に送ってはじかれた場合はその後、元帳?から抹消されるので以後そのリストからは当面来なくなるようです。
ちなみに私の場合、一旦トラックバックを全面的に受け付けない設定にして何日かした後再度受け付ける設定にしたところ、まだ数日しか経ってませんが、今のところほとんど来ていません。
ソフト使っての分は、一時的だろうけど これで目先的には防げそうなので一度試されてみてもいいかもしれませんね。
ただ嫌がらせ目的で、ここを狙ってのものは、その後も続けてくる可能性十分ありますが・・・

私も以前、某掲示板で、株の裏事情的なことを書いてたら、猛烈な荒らし攻撃にあったことがありました。ないことないこと片っ端から並べて信用を失くさせる目的で、はじめは仲間だったそこの友だちとかロム専の人たちもだんだんそれを信用するようになってきて、めちゃくちゃになってしまい、止む無く私が掲示板から離れてもその後延々と半年ぐらい荒らし攻撃は続いてました。
二度と戻らないように念押しなんでしょうね(^。^;;
おそらく証券業界の人間の仕業だろうかと思ってます。

他にもたとえば植草氏を応援してるブログとかで、冤罪を訴えてるようなところには怒涛のごとく荒らし的コメントがいっぱい書かれたし、おそらくこれなんかも真実を伝えられたら困る連中が、手下のような人間に言っていろんなHNで投稿させてるのが大部分だろうと思います。

ココログ・フリープランでも、IPの一部での拒否設定できるようにしてほしいですね!
とはいえ、一番大事なのは命なんで、十分注意なさってくださいね。

投稿: ゴーヤン | 2006年11月 2日 (木) 22時26分

コメントありがとうございます。いろいろ参考になります。

投稿: 管理人 | 2006年11月 2日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3973006

この記事へのトラックバック一覧です: 〈国税当局による言論妨害〉:

» シリーズ「創価学会」=2 [競艇場から見た風景]
■シリーズ「創価学会」=池田大先生のお言葉(2)「ほかの立正佼成会や天理教は、全部教祖がふところに入れて、さもりっぱそうな大聖堂だとか、こんどは天理教あたりは七階建てとかで、地下四階の大きい本部をつくって、東京進出のビルをつくるとか、そんなことばかりやっ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 10時13分

« 証拠検討:6 | トップページ | 証拠検討:7 »