« 礼状 | トップページ | 官僚の無責任体質2 »

警察の犯罪

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

平成16年3月7日。
保釈を許可した裁判官への礼状を投函して、自宅近くのディーラーへ向かった。
車検に出してあった自分の車を取りに行くためである。

車検代をクレジットカードで清算するため、利用票にサインしてしばらくロビーのソファーで待っていたが、なかなか名前を呼ばれなかった。クレジットカードの清算など、たいして時間がかからないはずなのに、異常に長時間待たされたのである。

どうも様子がおかしかった。いいかげんしびれを切らした。
事情を訊こうとして立ち上がろうとすると、
「○○さん、ちょっといいですか」
と、サービス課の係長が声をかけてきた。
「すいません、ちょっと電話に出てもらえませんか」
と、その係長は私に言った。
カード会社の担当者と電話中で、カードの所有者本人にかわってくれということだった。
電話に出ると、いきなり、私の名前と生年月日や住所を訊いてくるのである。それらを答えて、
「どうかしたのですか」
と、私は尋ねた。
すると、1週間ほど前にカードで何か買っていませんかと、逆に質問してきたのである。
「いや、何も買ってませんが」
と、私は答えた。
私も、一応クレジットカードは持ってはいるが、買い物はほとんど現金決済で、カードを使うのは年に3、4回ぐらいしかない。前回カードを使ったのは、もう数ヶ月も前のはずだった。

カード会社の担当者は、事情を説明した。
1週間ほど前、このカードを使って15万円ほどのルイビィトンのバックと、8万円ほどの時計を買おうとして、失敗した事件があったばかりだと言う。場所は関西のデパートだというのである。
道理で本人確認が厳しいと思った。

関西など行ってもいないし、むろんカードも使用していない。
その担当者によると、どうも私のクレジットカードはスキミングされたらしい。
スキミングの手口としては、カードを扱う店舗の店頭に設置された読み取り装置内に、読み取られたカードの情報を記録する部品を不正に組み込まれたり、カードを一時的に盗んで、スキマーを利用して情報を読み取るといった手口が知られている。
前者の場合だと、狭い範囲で被害が集中して多数出るので、私の場合はこれに該当する可能性は低いから、後者ではないか、とその担当者は言った。

その話を聞いて、私は愕然とした。
クレジットカードをスキミングした犯人が、何と警察官だったからである。
1週間前といえば、私は留置場にいたのだ。
私は、中警察署へ出頭するとき、財布の中に現金のほか、免許証とクレジットカードを入れていた。留置、勾留されると、所持品は、すべて警察署に保管される。保釈されたときには、クレジットカードは財布の中にそのままあったのだ。
ということは、警察署に保管されていたときにスキミングされたとしか考えられなかった。

何ということだ。
警察官を装った者がスキミングする事件はよく聞くが、本物の警察官が警察署で他人のカードを不正にスキミングする事件など、聞いたことがない。
警察署といえば、本来、貴重品を預けるには、もっとも安全な場所ではなかったか。盗難からいちばん守られるはずの警察署が、いちばん信用できないという社会になっては、もうおしまいである。

しかも、留置場にいる被疑者や被告人の大半は、実刑を受けて何年も社会に復帰しない。所持していたクレジットカードがスキミングされても、いつ、どこで被害にあったのかさえ気づかない。
被害届けも出せないうちに、有効期限が切れてクレジットカードは無効になる。事件は、表に出ることなく終わってしまうことが多いのだ。

長らく日本を支えてきた行政機構の崩壊の一端を、ここでも垣間見る思いがした。

|

« 礼状 | トップページ | 官僚の無責任体質2 »

コメント

これは非道ですね。
訴えは提起しないのですか?

投稿: | 2006年10月12日 (木) 15時55分

コメントありがとうございます。
非道な行為が多すぎますが、順次、処置していくつもりです。


投稿: 管理人 | 2006年10月12日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/3770582

この記事へのトラックバック一覧です: 警察の犯罪:

« 礼状 | トップページ | 官僚の無責任体質2 »