« 証人尋問:6(記憶にない) | トップページ | 控訴審判決:その1(破棄・有罪) »

証人尋問:7(検察官の節操のない体質)

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

竹山孝財務事務官(特別国税調査官)は、反対尋問で検面調書と異なる内容を供述したところが、数点あった。

応接室で写真撮影されたとき、どれぐらいの距離から撮影されたかということを、これまで数字で聞かれたことはないか、という質問に、
「数字で聞かれたことはありません」
と、答えたが、検面調書では、
「すると、○○は、突然カメラを取り出して、1メートル余りの至近距離から私の顔を、パシッ、パシッ、パシッというシャッター音をさせて3回ほど連続して写真に撮りました」
と、言っている。

投げられたカセットテープが割れた時の音について、どこの方向から音が聞こえてきたかということを、しゃべったことがあるかという質問に、
「どこの方向からということではしゃべったことはありません」
と、答えた。
しかし、検面調書では、
「私の後方で何かに当たって割れたらしく、ガシャッという物凄く大きな音が聞こえました」
と、言っている。

テープを投げて詰め寄ってきたときの私の顔色は、
「真っ赤になっとったように思いますけどね。すごい形相って、恐ろしいという感じの形相だったですが」
と、証言したが、検面調書では、
「そのときの○○の顔は、私に対する怒りで顔色が青くなっており、口を噛みしめるようにしていました」
と、述べている。

つぼを割ったことについて、私との間でやりとりはなかったか、という質問には、
「ありません」
と答え、
つぼを割った後、私に写真を撮られた覚えはないかという質問には、
「覚えはありません。もうそのままですから」
と、証言したが、検面調書では、
「私を追ってきた○○は、割った、割ったとわめきながら、割れた壺や私の姿などを写真に撮っていました」
と述べている。

私が応接室に持ってきたテープの本数について
「4,5本と確認しております」
と言い、これまで別の本数を話したことはないかという質問に、
「ありません」
と答えたが、検面調書では、
「○○は席に着くと、カセットテープレコーダーをテーブルの私の前に置き、カセットテープ5、6本は1本づつ積み重ねて、自分の座ったソファの右の肘掛の上に置きました」
「すると、その途端、○○は、物凄い形相になって激高し、ソファの肘掛に置いてあった5、6本のカセットテープを右手で上からいっぺんに鷲づかみするや否や、その手を右肩の上に振りかぶってオーバースローで私の体目がけてカセットテープを投げつけました」
と言っている。

Bulogu_164Bulogu_163 これら検面調書と異なる内容の証言で検察官が気付いたものは、後から再尋問を行い、誘導尋問を行って当たり前のように証言を直してしまった。

被告人の証言や、被告人側の証人の証言だと、単なる勘違いによる些細な間違いでも絶対に許さない。
証言を訂正しようものなら、供述の変遷で信用できないとか、偽証だとかいって大きな問題にする。

それが、検察側の証人の証言は、どのように変遷しようが、
「勘違いは誰にでもあることであり、些細なことである」
と、当然のごとく主張してくる。
そういった厚かましいさ、節操のなさを持ち合わせているのが検察官の体質である。

|

« 証人尋問:6(記憶にない) | トップページ | 控訴審判決:その1(破棄・有罪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4276662

この記事へのトラックバック一覧です: 証人尋問:7(検察官の節操のない体質):

» 裁判員制度:冤罪大国日本においては政府に悪用される恐れあり [どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)]
裁判員免除柔軟に 最高裁が制度原案(拒否者には罰金十万円!!) http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/376.html 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2006 年 11 月 20 日 23:09:13: N0qgFY7SzZrIQ  強行基本法に目を奪われている内、ほぼ無風で「裁判員"強"制度」実施手続き... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 01時05分

« 証人尋問:6(記憶にない) | トップページ | 控訴審判決:その1(破棄・有罪) »