« 証人尋問:5(狼狽) | トップページ | 証人尋問:7(検察官の節操のない体質) »

証人尋問:6(記憶にない)

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

竹山財務事務官(特別国税調査官)が、録音テープの質問の次に落ち着きがなかったのは、カセットテープを投げつけられた状況について質問されたときだった。

その質問に対する回答は、ほとんど記憶にない、というものだった。

Bulogu_157>投げられたテープは左側のどの辺を通ったか、定かではない。
>テープをわしづかみにした後、そのひじ掛の上にテープが残っていたかどうかは、全く見ていない。

Bulogu_158>テープは一塊になって飛んできたのか、ばらばらになって飛んできたのか、全然覚えていない。
>テープのケースの割れる音は聞いたが、その音がどの方向から聞こえたのかは、覚えがない。
>床に散らばったケースの破片の量についても、記憶がない。

Bulogu_159>何に当たって割れたのか、思ったこともなく、記憶もない。
>カセットケースの割れた破片の落ちていた場所についても、記憶ははっきりしていない。
>破片はあったが、どこに当たって割れたかということは、全く記憶がない。

Bulogu_160「当たって割れたのか、どこに当たったのかというのは、全然私記憶がありません」
と、竹山財務事務官は言うのである。

テープの本数やそれの置かれていた状況、テープを投げたときの私の顔色、投げた本数、投げ方等の細かい部分は詳細に答えているくせに、投げられた後は、体の左後方にケースの破片が散らばっていたのを一瞬見ただけで、後は何も記憶がないというのである。

嘘が発覚しない部分は詳細に答えるが、嘘がばれる部分は記憶がないという言葉で逃げている。
嘘をついているからこそ正確に答えられないのだということは、彼の落ち着きのない態度が何より如実に物語っていた。

その動揺した様子に見かねて、
「先ほど来、当たった場所については記憶がないと言って
おりますので、重複に当たります。異議ではありませんが」
と、検察官がついに助け舟を出してきた。

|

« 証人尋問:5(狼狽) | トップページ | 証人尋問:7(検察官の節操のない体質) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4257627

この記事へのトラックバック一覧です: 証人尋問:6(記憶にない):

» シリーズ「創価学会」=3 [競艇場から見た風景]
教育基本法改正(やらせ)・共謀罪・憲法問題などを多く取り上げ、保存状態になってた「創価学会」の記事をエントリーします。1人でも多くの方に読んで頂き「創価学会」の実態を知って頂きたいと思います。 ■「創価学会とは何か」=山田直樹 ■「イケダ先生の世界―青い目..... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 02時52分

» ホリエモン タメ口でキレまくり。 [〜じょいなす〜 NEWSの女王]
ホリエモン、タメ口でブチ切れ…検察と低次元の言い争い  ライブドア(LD)事件で証券取引法違反罪に問われた前社長・堀江貴文被告(34)の第24回公判が21日、東京地裁で開かれたが、堀江被告と検察官が、被告人質問中に激しく言い争うなど、前回公判に続き、大荒れの展開となった。  堀江被告がブチギレた。序盤こそしおらしかったホリエモンに火を付けたのは、LDの元幹部とのメールのやりとりをめぐる検察側の被告人質問だった。  検察側が、元幹部のメールを提示せずに読み上げたため、「メールのやりと... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 17時49分

» オリエンタルラジオ中田が [右派社民党公式ブログ]
中田がデフテックのPV見て「何拝んでるんだよ気持ち悪いな~」て言ったそうだなこの意味、わかる人いますか? [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 23時59分

« 証人尋問:5(狼狽) | トップページ | 証人尋問:7(検察官の節操のない体質) »