« 巡査長が保管自転車を拝借 | トップページ | 教育基本法改正を批判する »

小泉前総理の靖国参拝を斬る

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

何かと話題になった小泉前総理の靖国参拝。
総理在任中、公人という立場のまま毎年靖国参拝を繰り返し、任期の満了を迎えた今年は、中韓の激しい批判、反発を受けながらも、終戦記念日である8月15日に参拝を断行した。
退任して下火になった今、その真意を私なりの視点で分析してみたい。

小泉前総理は、靖国参拝の理由を、先の大戦で戦没した多くの犠牲者に対する慰霊の念からだと何度も訴えていた。
今日の日本の平和は、勇敢に戦って戦死した多くの将兵や国民の犠牲によって成り立っているものであり、その英霊に拝礼することは、国の代表者として当然の義務である、と一貫して主張していた。

将兵の戦死や国民の犠牲が、今日の日本の平和に関係があるのかどうか甚だ疑問だが、その主張には一応頷けるものがある。

だが、それは表向きの理由であり、真意は別のところにある、と私は見ていた。
戦死者に対する彼の慰霊心はもともと希薄であり、靖国参拝は、あくまでも政治的な道具として利用したに過ぎないという見方である。

政治的な道具とは、彼が唯一執念を燃やした、郵政民営化実現のためということである。

小泉前総理は弱小派閥だから、自民党内での基盤は脆弱であった。その脆弱な基盤のもとで郵政民営化の妨げとなる強力な反対勢力に対抗するには、国民の強い支持が必要である。
彼は、この国民の強固な支持を得る手段として、靖国参拝を利用したのではないだろうか。

過日、NHKのテレビで、第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる「硫黄島の戦い」で生き残った人の特集を見た。
その人たちは、みな自分が生き残ったことに、強い後ろめたさを持っていた。戦争を起こしたのは、彼らの責任ではない。
が、ほとんどの兵士が戦死しながら、自分が生き残ってしまったことに強い慙愧の念を抱いている。
ともに戦って戦死した部下や戦友を慰霊するため、毎朝、水を備えて手を合わせる生き方をしていた。戦死者の英霊を慰霊することだけが、彼らの残された人生の生き方だったのである。

戦死した多くの将兵や犠牲者になった国民の慰霊のためと言いながら、小泉前総理は、年に一、二回靖国神社に参拝しただけである。官邸に登庁する前や休日にも、毎日のようにひっそり拝礼していたというわけではない。
ほんとうに、戦没者の慰霊を思うものならば、宗教心の薄い初詣程度の回数の参拝で終わるわけがないのである。
小泉前総理の慰霊心など、所詮その程度である。

公人の立場で靖国参拝を強行すれば、過去の歴史認識に固執する中国や韓国の激しい非難、反発が起こることは、当然予測できた。実は、彼の狙いは、ここにあったのだ。

中韓の激しい非難、反発が起こると、どうなるか。
中韓を怒らせ、日中、日韓の関係が悪化するのは我が国にとってよくないから、靖国参拝を控えるべきだという意見もあった。
しかし、見境のない激しい非難を繰り返す両国に、多くの国民は嫌悪感を感じ、逆に中韓に対して激しい敵対心を持つに至った。外の国に敵対心を持った国民は、激しい非難を浴びながらも超然として自説を曲げない自国の総理に頼もしさを覚え、彼を熱烈に支持するようになる。

実際、憲法的な見地から首相の靖国参拝に批判的だった私でさえ、内政干渉に等しい中韓のあまりの反発に、唾棄したくなるほどの嫌悪感を覚え、心の中で小泉前総理を応援したほどである。

古今東西、外に敵を作って国内の結束を図るという戦術は、権力者の常套手段になっている。国民の不満を外に向けるため、外圧を利用するのだ。何かと日本を槍玉に挙げる中韓や北朝鮮なども、そのくちである。

小泉前総理は、靖国参拝を利用して外圧を誘導し、それを国民の自分への熱烈な支持に結びつけた。その熱烈な国民の支持を背景に、念願の郵政民営化を実現させたのだ。

参議院の郵政法案の審議が否決されれば、衆院を解散し、
「改革なくして成長なし」
という馬鹿の一つ覚えのような題目を唱え、刺客を利用してまで郵政民営化を実現させたのだ。
郵政民営化のためなら何でも利用する彼が、靖国参拝を利用しないはずがない。

小泉前総理の靖国参拝も、歴代の総理と同じように憲法問題や外交問題の観点からのみ議論されていたが、そんな議論とはかけ離れたところに、希代の食わせ者である彼の真意が隠されていた、と見るのは、私一人ではあるまい。

もし、私の見方が、独断と偏見によるとんでもない間違いだったら----。

そのときは、

小泉さあ~ん、ごめんなさあ~い。

        

|

« 巡査長が保管自転車を拝借 | トップページ | 教育基本法改正を批判する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4518391

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉前総理の靖国参拝を斬る:

» 安倍ヤラシカ内閣はゴミ箱へ! [らんきーブログ]
教育基本法の改正に関わるタウンミーティングでの、人としての教育が出来ない面々のふざけたやり口はもう呆れるくらいのレベルなのがよくわかった。『ヤラセ』と『シカト』 教育改革TM  参院で採決間際の教育基本法「改正」... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 21時29分

» 「教育基本法改正案」参院委で可決 [競艇場から見た風景]
「教育基本法改正」は、 嘘つき集団の強行採決で可決しました。明日には参議院本会議で成立って事になる。 教育基本法改正案、参院委で可決 野党は不信任案提出へ 安倍政権が最重要法案と位置づける教育基本法改正案は14日午後、参院特別委員会で自民、公明の与党の賛成多..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 00時54分

« 巡査長が保管自転車を拝借 | トップページ | 教育基本法改正を批判する »