« ホリエモンを斬る | トップページ | 植草元教授の保釈取消 »

石原都知事の3選出馬を斬る

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

東京都の石原慎太郎知事が7日、来春の都知事選に3選を目指して出馬することを正式に表明した。

国会議員や知事というものは、一度やると、自分ではなかなか辞やめられないものらしい。

石原知事に関しては、
5日にも、東京都が2004年1月、スイス・ダボスで主催したパーティーの太鼓演奏に、石原慎太郎知事の四男が舞台背景の絵の制作者としてかかわり、旅費などが公費から支出されていたことが報道されたばかりである。
この支出額は、事前調査を含む2度の出張費と制作費の合計で約175万円にのぼり、これらは太鼓演奏家への業務委託費に上乗せする形になっていたという。


先月も、石原知事は海外出張の際、都条例の規定を大幅に超過する高級ホテルやク ルーザーに宿泊し、衆院議員時代からの秘書も、飛行機は知事と同じファーストクラスに格上げし ていたことが共産党都議団の調査で判明している。
石原都知事の規定額は総理大臣と同額だが、それを超えていた。


石原都知事はこれまでに計19回の海外出張をしており、記録が残っている過去5年の15回分で、同行職員分も合わせて出張費の総額は約2億4350万円に及んでいる。
都知事の宿泊費や交通費、日当は都条例で総理や最高裁長官と同額に定められており、例えばロンドンやワシントンなど大 都市では1泊4万200円だが、詳細な記録のある6回の出張では、石原知事の宿泊費は26万3000円~13万1500円で、規定の3.3~1.6倍だったそうだ。

はあ。

ため息が出る。

都知事選の3選出馬表明で、石原知事は、この8年間で手がけた財政再建などの実績を示していたが、贅沢な海外主張や子供に175万円も公費で使っておきながら財政再建の実績を強調できるとは、たいした人物である。

石原知事について、すべてを否定するわけではない。
彼のこれまでの言動、実績には、確かに評価できる面も多かった。
だが、政治家は、昔の名前で出てくるようになってはお終いである。過去はあくまで過去であり、現在および未来をどうするかということが、政治家に課せられた一番の使命であろう。

どんなものにでも、耐用年数というものがあり、それは、人間も同様である。石原慎太郎知事だけ例外というものでもない。
最近の言動を見ていると、彼は政治家として確実に耐用年数が経過している。
すでに、ポンコツになっているのだ。

贅沢な海外出張や、身内への公費支出についての追及に、
「知らないよ、事務局で聞いてくれ」
「事務方に任せている。たまたまリゾートで高くついた」
「手続き的に問題も違法も
ない、いかにも共産党らしい貧しい発想だ」
などと言っていたが、これこそ、年を取って頭の固くなった頑固な老人の、貧しい発想による意見以外の何ものでもない。

最高責任者だから、行政面で何か問題があがれば、自分が責任を持って調査し、対処すべきであり、手続き的に問題や違法がなければ、何をやってもいいというものでもない。

息子が立派な芸術家で、余人をもって替え難かったから使ったというのであれば、旅費などを公費から支出すべきではない。
「お前も40の大人なのだから、旅費や制作費ぐらい自腹を切れ」
「自腹が切れないほど貧しいのなら、俺が自腹を切ってやる」
というのが、けじめのある政治家の言うことであり、子供に対する本当の愛情表現であり、気遣いではないのか。
それがわからなくなったところに、耐用年数を経過した、身内びいきのただのポンコツ老人に成り下がった証がある。

市議会の議決を経て手続き的に全く問題がなくても、市が借り上げた料亭の女将が市長の愛人だったということで、背任罪で逮捕起訴され、実刑判決を受けている前和歌山市長の例もある。

あんまり調子に乗っていると、検察が動かないとも限らない。
地味なエリート集団である彼らは、政治家と違って、こんなことでしか優越感を味わえないのだから、なめていると痛い目にあうだろう。

自分で引き際を考えないと、福島、和歌山、宮崎に次ぐ知事の逮捕となり、最後はぼろぼろになって、過去の実績さえ評価されなくなってしまうということを、かみしめるべきだろう。

|

« ホリエモンを斬る | トップページ | 植草元教授の保釈取消 »

コメント

半兵衛 さん

こんばんは。はじめまして。

コメントどちらにお返ししてよいかと思いましたが、こちらに失礼いたします。

コメントおよび、相互リンクの件、ありがとうございます。貴ブログを初めて拝読させていただきました。非常に偏ることなく、明瞭な切り口ですね。都知事の一件も同感です。

さっそくリンクをさせていただきましたので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: 「感動創造」 | 2006年12月 8日 (金) 19時45分

感動創造さん
コメント及び相互リンクありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: 管理人半兵衛 | 2006年12月 8日 (金) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4442503

この記事へのトラックバック一覧です: 石原都知事の3選出馬を斬る:

» 石原都知事が3選出馬表明 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
東京都の石原慎太郎知事が11月7日の都議会本会議で来年4月の知事選3選を目指して立候補することを正式に表明しました。来春の知事選には、共産党が推薦する元足立区長吉田万三氏も出馬を表明、そして民主党が候補者擁立に向けて選定作業を進めている最中のようですが、石原...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 21時25分

» 石原都知事3選出馬に物申す [ディープインパクト@まこっさん]
石原都知事3選出馬を表明 だそうだ。 ニュースを見てもネットで検索しても 条例の範囲を超えた豪勢な海外視察(という名の旅行)に 四男を公費で同行させるなど 「税金の無駄遣い」が非常に多い。 税金の「私的流用」「身内へ還元」など 談合に手を貸して問題になっているよその県知事と大差ないやん。 また「2016年の東京五輪招致」を目指すそうだが これもまた税金の無駄遣いの際たるもの。 「昭和」の時代じゃないねんから 今さら「オリン... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 21時26分

» 石原の傲慢 [不条理日記]
ホテルに勤務している知人から聞いた話だが、神経質な客だと夜中にエレベーターが動いている微かな音が気になって眠れないらしい。 そのため、そういう厄介な客が泊まる時は最初からエレベーターから離れた部屋に案内するか、何台かあるエレベーターのうち最も部屋に近いエレ..... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 22時50分

» 石原親子と水谷建設の現金授授受疑惑 取材メモ [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
 石原親子と水谷建設の現金授受疑惑は、大スキャンダルになるかとおもったが、なぜか急速に収束にむかっている。  週刊朝日2006年12月22日付「石原親子と水谷建設元会長の疑惑の祝宴」では、証拠写真といわれているものまで掲載された。  その当選祝いの記念写真では...... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 15時03分

» そのまんま当選?? [時事放談  野次・喜多 珍道中談義]
「うっぷん晴らせた」 有権者、手腕に期待と不安 「脱タレント」信じ(西日本新聞) - goo ニュース 喜多さん> 野次さんとオイラめずらしく同意権だったけれど、       どうやら、選挙はやはり愚民の勝利だったようだね。 野次さん> どうせ代わり映えはしないさ。       これまでの有名タレント地方選挙はどうなったと思う。       大阪のノック・東京の青島&石原・長野の田中。... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 01時11分

« ホリエモンを斬る | トップページ | 植草元教授の保釈取消 »