« 愛知県との仁義なき闘い:その5 | トップページ | 検察官は卑怯者:中編 »

検察官は卑怯者:前編

<はじめてのかたは、トップページもお読みください>

裁判員制度が2年後に迫るなか、高校生が企画した「模擬裁判」が14日、東京都内で開かれた、という記事があった。

公募での出演者集めの過程において、法曹三者役での一番人気は検察官で、理由は「正義の味方だから」という。
ところが、弁護人は希望者が集まらないため、スタッフが務めた。「犯人かもしれない人を弁護する、という意義が分かりにくい」ため、人気がなかったそうだ。

この模擬裁判での法曹三者役に対する高校生の認識が、世間の認識そのもののようである。
検察官が正義の味方だというのは、犯罪者を相手にする職業柄にもよるが、テレビドラマなどで、悪と闘うヒーローとして検察官を称える筋書きが多いことも影響している。

だが、実態は、正義の味方という一般の認識とは大きくかけ離れており、検察官には卑怯者が多いというのが、私の認識である。

人間の本性が出るのは、非常時である。平時には、なかなかその人間の本性がわからない。借金で追い込まれたり、職業や地位や家族を失ったりしたときに、人間の本性が出る。
戦場という特殊な状況下でもそうだろう。必死で敵と戦わなければならない環境下でも、優しさを失わない人間もいれば、一転して平時では想像もできない残虐な行動に走る人間もいる。
友人や家族の間でも、利害が一致しているときにはわからなかった性格が、利害が対立したときに表面化してこじれるのも、その例と言えるだろう。

検察官の仕事は、犯罪事実を固めて起訴し、有罪にすることである。民事事件では、国の訴訟代理人を務めて、国側を勝訴させることである。

犯罪者を起訴して有罪にし、国側勝訴の判決をとるのが、彼らの仕事であり、それに適う結果が得られれば、平時の状態といえるのである。
そういう結果が得られるのは平時だから、このときには彼らの本性は現れない。
検察官が正義の味方のように見えるのは、普段、平時の状態しか見ていないからである。

彼らにとっての非常時は、刑事事件では、犯罪事実が固まらず、有罪に持ち込めない場合であり、民事事件では、国側を勝訴に導け
ない場合である。
この非常時に現れる態度、行動こそが、彼らの本性だ。

被疑者が被疑事実を認めている場合には表面化しない本性が、被疑者が否認し、容易に有罪に持ち込めそうにない場合に表面化するのである。

私自身の体験を語る前に、まず、冤罪を主張して闘っている法律の専門家や植草氏
の実体験を紹介したい(下記)。

(山下弁護士関係)
http://mujitu.blog81.fc2.com/

http://shinnjitu.blog80.fc2.com/blog-date-20061114.html
http://shinnjitu.blog80.fc2.com/blog-date-20061120.html

http://shinnjitu.blog80.fc2.com/blog-date-20061211.html
(植草氏関係)
http://yuutama.exblog.jp/d2007-01-15

|

« 愛知県との仁義なき闘い:その5 | トップページ | 検察官は卑怯者:中編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4921690

この記事へのトラックバック一覧です: 検察官は卑怯者:前編:

» 米政官財暴マスカル政権 [らんきーブログ]
アメリカは5つのレポートで、日本を拘束している。そして日本政府は尻尾を振って喜んで、それを受け入れているということらしい。もちろんそのひとつは昨日の記事「【三角合併】 企業買収は属国化へのプロローグ?」でも書... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 16時15分

» 災害復興ガイド−日本と世界の経験に学ぶ [津久井進の弁護士ノート(ブログ)]
新刊のお知らせです。 あさって1月17日に発刊される   「災害復興ガイド 日本と世界の経験に学ぶ」 です。  この約十年ぐらいの間に,日本だけでなく,世界中で大きな自然災害が起きました。  その災害の状況に... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 14時28分

» 裁判員にますます「協力したくない」 [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 本日の「笑っていいとも」に鈴木蘭々さんが周防正行監督の「それでもボクはやってない」宣伝のためゲスト出演されて、裁判についての話題もありました。しかし、この中でタモリさんは日本でまもなく始まる市民強...... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 20時40分

« 愛知県との仁義なき闘い:その5 | トップページ | 検察官は卑怯者:中編 »