« 検察官は卑怯者:中編 | トップページ | 三井元大阪高検公安部長の判決と検察の責任 »

検察官は卑怯者:後編

<はじめてのかたは、トップページもお読みください>

検察官は、一度起訴すると、なりふりかまわず被告人を有罪にしようとする。
被告人に有利な証拠は一切提出しない。不利な証拠だけを提出し、被告人が自分に有利な証拠を出してきた場合は、信用性いかんにかかわらず不同意にしてしまう。

私の場合は、比較的多くの証拠が採用されたほうではあったが、検察官の被告弁護側の証拠に対する反論は、およそ人間のまともな神経や正義感とは、ほど遠いものであった。

私の提出した証拠写真では、写真に写っている事実そのものを否定した

国税の職員(竹山孝特別国税調査官)が調査結果の説明を放棄して立ち上がり、体の向きを変えて応接室から帰っていくところがはっきり写っているのに、座っているときに写真撮影したなどという、その国税職員のうその主張を全面的に支持している。
竹山財務事務官らの写真は、私が座ったまま撮影したのだが、立ち上がって写しているから信用性がないともいう。現場で、座ったままの撮影と、立ち上がっての撮影の違いを、その写真に写っている状況で具体的に説明しても、認めようとはしない。

写真には、観葉植物が倒れて写っているのに、倒れていないと言い、都合が悪くなると、証拠写真は編集された可能性があるなどとも言ってくる。写真だけでなく、現像のもとになるネガフイルムまで提出しても、そのようなことをぬけぬけというのである。

パーティーションにカセットテープの当たった傷と破片がついていても、その事実を認めようとはせず、後からつけたものだと言う。
逮捕された時点で、その証拠写真を検察庁に提出しているのに、写真も後日写したものだなどと言うのである


民事事件では、つぼを割った国税の職員(竹山孝特別国税調査官)が謝罪も弁償もせずにそのまま逃げ帰っても、正当な行為だと言う。つぼを割って動揺し、仕返しを恐れて立ち去ったのであって、通常よくある行動だなどと、主張する始末である。
ひき逃げや当て逃げ事件を起こした容疑者には、動揺し、恐れをなして立ち去ったのだから正当な行為であるなどと許すはずなどないくせに、犯罪者を起訴して有罪にし、国側勝訴の判決をとるのが危ういような場合には、その場しのぎの恥も外聞もない厚かましい主張を平然とするのが検察官である。

私の一審の刑事裁判では、検察官が5人も替わった。控訴審や民事事件のほか、取調べの担当検察官も含めれば10人近い検察官と知り合ったことになる。が、私の事件を通じで知り合ったそれらの検察官は、いずれも真実がわかっていながら、平然とうそをつく、人間の良心も正義感のかけらも持ち合わせていないような卑怯者ばかりであった。

中にはうそをつくことに良心の呵責を覚え、組織の一員として、やむなく従っていただけの検察官もいたかもしれない。しかしだからといって、それが卑怯者ではないという理由にはならない。
いじめをとめると、自分がいじめられるから、しかたがなくいじめる側に味方していただけだという者が、卑怯者でないとみなされないのと同じである。

卑怯者の汚名の返上は、不合理な組織の論理には従わず、その組織を去るだけの覚悟をもって、人間の良心や法曹家としての正義を貫いて真実を追求することである。
もっとも、もともと検察官になった動機が、人に頭を下げなくてもいい、威張れる、給料がいい、官僚のエリートである、安定している、といった理由が大半であるから、それを期待することは、どだい無理な注文かも知れないが。


|

« 検察官は卑怯者:中編 | トップページ | 三井元大阪高検公安部長の判決と検察の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/4952219

この記事へのトラックバック一覧です: 検察官は卑怯者:後編:

» 生票選挙 野党共闘に死票は要らない! [らんきーブログ]
少子化に役立つんじゃないかと、残業代ゼロ法案(WCE)に関しての自分の意見を珍しく言ったのがちょっと前のことだった安部晋三。実は結構自分なりに、まともな意見のつもりだったと自信があったんじゃないかと私は思ってる... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 17時36分

» 残業代ゼロ法案見送り。参院選敗北でも首相続行?・・・弱気な安倍陣営は、早くも守りに?! [日本がアブナイ!]
【PCがやっと少し復調。コメントのレスは順次書きますので、少しお待ちください。m(__)m 最近、記事を送信してすぐに、エロ系TBが20個以上つく。ランキングのPINGに引っかか っているのかな~?(ーー゛)】     安倍自民党が、参院選に向け、チョット弱腰モードになったのか、守りに入り始めた。  自衛隊の海外派兵・恒久法に続き、16日には、ついに残業代ゼロ法案(ホワイト カラー・エグゼンプション)も今国会に提出することを断念したという。  また、安倍氏の後見人役... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 23時55分

» 三井環氏に2審も有罪判決 [人工樂園]
捜査情報を漏らす見返りに暴力団関係者から接待を受けたなどとして、収賄や詐欺などの罪に問われた元大阪高検公安部長三井環被告(62)の控訴審判決公判が15日、大阪高裁で開かれた。若原正樹裁判長は「被告人の犯行は嫌疑の乏しい事件とはいえない」と述べ、懲役1年8月、追徴金約22万円とした1審・大阪地裁判決を支持、同被告側の控訴を棄却した。三井被告側は判決を不服として上告した。三井被告側は「検察の調査活動費不正流用の告発を阻止するための口封じ逮捕だ」と主張、控訴審でも1審に引き続き検察側の起訴が公訴権乱用に当... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 00時28分

« 検察官は卑怯者:中編 | トップページ | 三井元大阪高検公安部長の判決と検察の責任 »