« 無罪判決ニュース | トップページ | 電子申告は誰のためか »

契約書作らず映画制作 裁判員制度PRで最高裁

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

訴訟を審理して、罪となるかならないか、正しいか正しくないかを法律を適用して定めることを仕事とする裁判所が、自らその法律を破るとは。


契約書作らず映画制作  裁判員制度PRで最高裁

最高裁が9日に完成したと発表した裁判員制度PR映画「裁判員」の制作をめぐり、昨年9月に広告会社と契約を結んだとホームページ(HP)で公表しながら、契約書を作成していないことが19日、分かった。広告会社は企画案で選ばれ、契約額は約6800万円とされる。

会計法は「契約書に記名押印しなければ契約は確定しない」と規定。1960年の最高裁判決は「国の契約は契約書作成で初めて成立する」との解釈を示しており、自ら判例に違反した形だ。最高裁は「契約書は現在決裁中」としている。

衆院予算委員会で同日午後、保坂展人議員(社民)が経緯を質問する。最高裁は「裁判員フォーラム」でも、広告会社との契約書を開催後に作成していたことが明らかになったばかり。

9日の最高裁の発表やHPなどによると「裁判員」は60分の作品で、昨年制作した「評議」に続く第2弾
                       (共同) 2007年02月19日 14時19分


「契約書に記名押印しなければ契約は確定しない」と法律に規定されており、最高裁の判決で「国の契約は契約書作成で初めて成立する」との解釈まで示しておきながら、自らそれに違反するとは、誠に恐れ入った次第である。

しかも、その言い訳がまた奮っている。
「契約書は現在決裁中」だというのである。
昨年9月に広告会社と契約を結んだというのだから、すでに半年程度経過している。PR映画も完成したと発表している。

半年前に契約し、PR映画も完成していて、何が「決裁中」なのだ。決裁というのは、権限を持つ者が、部下の出した案を決めることを言うのだが、最高裁では、案が決まり、契約を結んで履行された後に、契約書を作成することを「決裁」と呼ぶらしい。

私事の民事訴訟の控訴審判決が先月末にあったばかりだが、この判決書でも、一番最初に書かれている判決言渡日が間違って書かれているというお粗末なものであった。

名古屋高等裁判所民事第3部
    裁判長裁判官 青 山 邦 夫
         裁判官 坪 井 宜 幸
         裁判官 田 邉 浩 典
と、立派な名前が三人も並んでいるが、最初に書く判決言渡日すら確認しないような裁判官の書いた判決書など、馬鹿らしくて内容を詳しく読む気にもなれない。

刑事、民事とも、現在上告して争っているが、自ら法律や判例に違反し、「決裁」の意味さえ理解できないような最高裁では、私の裁判も先が見えたということ
か。

|

« 無罪判決ニュース | トップページ | 電子申告は誰のためか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5412225

この記事へのトラックバック一覧です: 契約書作らず映画制作 裁判員制度PRで最高裁:

» 柳沢大臣に新たな問題発言&揚げ足取り批判への反論+有森、紀香のチャリティ活動など [日本がアブナイ!]
 柳沢厚労大臣が、またまた問題があると思われる発言をしていた。  知人から、16日の東京新聞(ネットはなし)にこのような記事が載っていたとの 情報をもらい、参院TVでもチェックしてみた。 『15日の参議院厚生労働委員会で、ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間 の規制除外制度)に関連し、生産現場で働く労働者について 「工場労働というか、ベルトコンベヤーの仕事。労働時間だけが売り物です、という ようなところ」 と発言。こうした表現で制度の対象外となる労働者を分類し... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 00時07分

» 玲奈、民主主義履修中。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「多数の国民が反対する法案の通し方(政府与党・自公政権に捧ぐ)」に続いて、民主主義について自分の考えをはっきりさせ、日本の民主主義のあり方を別の角度から問うため、続けてもう一つ記事を書きます。 少し長めの記事で... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 02時32分

» 「忠誠心と自己犠牲」は国民に!安倍晋三にではない! [らんきーブログ]
「安倍晋三が閣議で入室した時に起立できない、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない」更に「首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。」と中川(蛙)幹事長が吼えたらしい。  本気でこういう... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 09時41分

» ボロ機械「柳沢ボロコン」発言撤回 [競艇場から見た風景]
あら、あら、出来損ないのボロ機械「柳沢ボロコン」が、15日の参院厚生労働委員会で共産党の小池議員の質問に答えた「工場労働というか、ベルトコンベヤーの仕事。もう労働時間だけが売り物というようなところでなく働いている方々の現実に着目した労働法制をつくることが..... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 12時43分

» 自民党お笑い劇場。トンビもクルリと輪を描いて逃げて行くホーイのホイ〜 (柳沢伯夫の失言続きにボクちゃん困ちゃったの段!)1と2 [晴天とら日和]
北海道新聞 2007年2月20日 「柳沢氏、辞めればよかった」 森氏、本音ぽろり 自民党の森喜朗元首相が十九日夜、女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相について、民主党の小沢一郎代表らにこう打ち明けた。閣僚の失言を批判する森氏だが、自らの発言の軽さも相変....... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 22時06分

» デマはイヤ [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.2.21.12:30ころ 「玉川大学問題」でいろいろブログを眺めていて [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 17時07分

« 無罪判決ニュース | トップページ | 電子申告は誰のためか »