« 多忙とブログの更新 | トップページ | 無罪判決ニュース »

清瀬の警官刺殺事件の時効に思う

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

公訴時効の成立を、どのように考えればいいのだろうか。

逃げおおせた犯人は、捕らえられる怯えから解放され、安堵の胸をなでおろすことだろう。
一方、犯人を取り逃がした警察官の心境は、どうだろう。逮捕できなかった無念さはもちろんあるだろうが、手がかりの薄い事件にいつまでも引きずられることから解放される安堵感も、心のどこかにあるのではないだろうか。

だが、被害者やその遺族は違う。
殺人事件のような凶悪事件では、長い年月を経て時効が成立しても、心の安らぎは覚えない。むしろ、捜査が終了することにより、残された遺族の悔しさ、いたたまれなさは、募るばかりに違いない。

そして被害者には、犯罪による直接の被害者だけでなく、警察の捜査による被害者もいるという事実にも目を向けなければならない。

本日時効が成立した下記事件で、警察による捜査被害をかねてから訴えておられた方がいるhttp://blogs.yahoo.co.jp/taxi_yma



清瀬の警官刺殺が時効 拳銃の捜査継続

一九九二年二月、東京都清瀬市の警視庁東村山署旭が丘交番(当時派出所)で、大越晴美警部補=当時(42)、殉職で巡査長から特進=が刺殺され拳銃が奪われた事件は、十四日午前零時に時効を迎えた。警視庁は世田谷区の一家殺害事件、八王子市のスーパー強殺事件とともに三大重要未解決事件と位置付けて懸命の捜査を続けたが、目撃情報や現場の遺留品の少なさから難航し、犯人の逮捕はできなかった。

事件は、同年二月十四日午前三時十-十五分ごろ発生した。交番で一人で勤務していた大越警部補が首や胸を刃物で刺され殺害され、交番奥の待機室で倒れているところを新聞配達員が発見した。持っていた実弾五発入りの拳銃「38口径回転式スミスアンドウエッソン」のつりひもが刃物で切断され、ホルダーごと銃が奪われた。

警視庁は、現場周辺の素行不良者や、拳銃事件などの前歴者、大越警部補の仕事上の関係者などを幅広く捜査。最終的に土地勘を持つ拳銃マニアや、何らかの犯罪に拳銃を使用しようとした者の犯行だったとの見方を強めた。これまでに拳銃が使われた形跡はない。

十五年間に延べ約十三万八千人の捜査員が投入され、約三千百件の情報が寄せられた。二〇〇〇年二月に百万円の懸賞金が懸けられ、さらに〇二年二月からは三百万円に増額されていた。東村山署には十四日以降新たに連絡室が設置され、捜査員約十人が拳銃の発見に向けた捜査を継続する。
                             
2007.02.14東京新聞


「最終的に土地勘を持つ拳銃マニアや、何らかの犯罪に拳銃を使用しようとした者の犯行だったとの見方を強めた」ということで、殺害事件の当日に猟銃所持許可申請を出し、その後あるトラブルから猟銃所持許可を取り消されたことに疑いの目が向けられ、別件逮捕。

警察官から口では言えないほどの暴行、屈辱を受け、職も失い、世間からは冷たい目を注がれる。特別公務員暴行凌虐行為で告訴し、国家賠償訴訟を提起しても、組織力で潰される無念さ。


7年間にわたって蒙った甚大な精神的被害は、時効の成立によって癒されるものではない。真犯人が捕まって、無実が証明されなければ、失った時間と名誉は帰ってこないのである。

時効が成立するこの15年間に、おそらく、この方以外にも、警察による捜査被害を受けられた方がいるに違いない。このような被害者のことは、報道さえされず、救済の手が差し伸べられることも全くない。

犯罪の直接の被害者や遺族だけでなく、こうした捜査による被害者の方々が、声も上げずに苦しんでいる現実もあるのだということを、忘れてはならないと思う。

|

« 多忙とブログの更新 | トップページ | 無罪判決ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5334785

この記事へのトラックバック一覧です: 清瀬の警官刺殺事件の時効に思う:

» カエルに指導される安倍晋三 [らんきーブログ]
安倍晋三の兄貴分、そして森内閣の時は官房長官だったが、わずか就任三ヶ月で、右翼関係者との会食や愛人(薬物含む)問題などの疑惑問題で辞任したという事実は、なかなか辞めない柳沢大臣よりもその点わかりやすい、中川秀直幹事長... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 21時11分

» アベシを粉砕だ。亀井静香氏奮闘す!+権力の頂点に立つ男アベシンゾー、だって自分で言うのはアリか!? [晴天とら日和]
asahi 2007年02月13日 「小泉政治と決別を」亀井静香氏、予算委で6年ぶり質問 亀井氏 「このままだと政教分離・政党政治は自滅しますよ」 アベシ 「(困ったなぁ、ボクちゃん知らないもん・・・)」 亀井氏 「自民党と公明党、創価学会の問題ですよ」 ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 21時25分

» 亀井静香氏が、安倍首相を諭しつつ、公明党との関係を批判。+女性救出の巡査の他界に思ったこと [日本がアブナイ!]
 (@ ^ ^)/。・☆'★☆:・:*:・°Happy Valentine!・:*:・° 13日、衆院の予算委員会で、審議が行なわれた。  質問者も豪華&多彩で、実に盛りだくさんの内容だったので、何をどこから書けば いいか迷ってしまうところがある。  特に格差問題では、書きたいことが色々あるのだが。午前中の審議は、じっくり見る ことができなかったので、衆院TVで見直してから書きたいと思う。  ただ、格差是正に関する一番大きな問題は、安倍内閣が「格差があること」自体を 相変わ... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 23時51分

» まだまだ続くよキャンペーン!(長勢甚遠法務大臣の不信任決議さらには辞職、そしてアミネさん一家への真に人道的な措置を求めるお願い) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.2.16.22:40ころ イラン人長女留学 家族帰国へ(NHKニュース [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 23時32分

« 多忙とブログの更新 | トップページ | 無罪判決ニュース »