« 志布志事件 12被告全員に無罪判決 | トップページ | タクシー運転手との心のふれあい »

でっち上げ捜査は裁判所にも責任

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

昨日取り上げた鹿児島県議選をめぐる公選法違反の志布志事件。
いろいろな新聞を読めば読むほど、でっち上げ捜査のひどい実態が浮き彫りになってくる。

なかでも、勾留日数395日という求刑(懲役1年10月)の6割にあたる長期間身柄を拘束されながら否認を続けた元県議の中山信一被告の言葉は、胸にしみる。捜査関係者の汚いやり方に、思わず、はらわたが煮えくり返るほどの憤りを覚えた。


「一度だけ、信念が揺らぎそうになったことがある。2回目の逮捕のときだった。私が認めんもんだから、刑事に『奥さんが認めている。あんたのようなうそつきとは離婚すると言っている。あんたが1回でも認めれば、奥さんはすぐに出せる(保釈できる)』と告げられました」
同じく逮捕された妻のシゲ子さんとは、地元でも“おしどり夫婦”で知られていた。
刑事に言われたことを、接見の弁護士に尋ねた。
「本当ですか」
「いや、奥さんは(否認で)頑張ってるよ」
「(夫が)認めるならば離婚すると伝えて」
と言った妻の言葉が、ねじ曲げられていたのである。

脅しや不当な勾留による嫌がらせだけではなく、ウソをついて人間のもっとも弱いところを攻め、人の心をずたずたにするようなやり方をする人間は、けだもの以下である。

だが、こうした非人間的な取調べは、今回の事件や、先ごろ発覚した富山の服役男性の強姦冤罪事件だけに限ったことではない。これらは、無罪判決や真犯人の判明によって、たまたま明らかになったに過ぎない。
取調べの現場では、いわば日常的に行われているのである。

身に覚えのない容疑で取調べを受けた者なら、誰でも経験していることだ。
取調べを受けた経験のない者はむろんわからないが、取調べを受けても、被疑事実を最初から素直に認めて捜査当局に協力してきたたような被疑者たちでは、そのような激しい不当な取調べの実態を知らないかもしれない。

非人間的な取調べは、被疑事実を否認している場合に行われる。
つまり、本来なら逮捕すること自体が違法な無実の罪で捕らえられた者ほど、言葉では言い表せれないほどの非人間的な取調べを受けるという矛盾した現実が存在するのだ。

このような違法なでっち上げ捜査が日常的に行われているのは、警察や検察の体質に問題があることはもちろんであるが、その責任は彼ら捜査当局の者だけでなく、裁判所にも大きな責任があるといわなければならない。

冤罪の土壌になっている自白偏重捜査が日常的に行われるのは、それを求める者がいるからである。警察や検察が自白偏重捜査を行っても、裁判所が推定無罪の原則を貫いて自白に重きを置かなければ、そのような捜査をする意味がなくなる。
警察や検察が逮捕状を請求すれば、ほぼ100%発令する。勾留や保釈請求の諾否も警察や検察のほぼ言いなりである。裁判では、物証より自白を重視する。
これらは、裁判所が推定無罪の原則を守っていない証拠であり、このような裁判所の姿勢が捜査当局に自白偏重捜査を行わしめていると言っても過言ではない。

今回の無罪判決も、捜査があまりにもひどすぎたための結果であり、被告人の勾留日数等を勘案すると、裁判所をそのまま評価してよいか疑問である。

被告人の汚名は晴れても、心の傷は容易に消えない。過ぎ去った時間も、二度と戻らない。

裁判所の評価は、このような悲惨なことが起こらなくなったときで十分だ。

|

« 志布志事件 12被告全員に無罪判決 | トップページ | タクシー運転手との心のふれあい »

コメント

https://www.pref.kagoshima.jp/gikai/giin/profile/hosen_g51.html

濱田の仲人をしたのが上の人物。おわかりですよね?

投稿: 黒幕を炙り出せ! | 2007年3月10日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5468525

この記事へのトラックバック一覧です: でっち上げ捜査は裁判所にも責任:

» 「個の尊厳」を守らず、全体主義化して行くと、あの国に近づいてしまうのだ。 [日本がアブナイ!]
  前記事の「愛する日本を北朝鮮みたいな国にしたくない!~ 国旗、国歌、愛国心 ・・・教育現場がアブナイ!~」にたくさんのコメントを頂いた。<有難うございます>  今週からしばらく仕事が忙しく、土日も完全なお休みではなくなってしまうので、 一つ一つにレスをつける時間がとれそうにない状況にある。できるだけ、少しずつ書ければ と思うが、ブログの更新をする時間も欲しいので、ご理解頂ければ幸いである。  ところで、反論をお寄せ下さった方々に、少しだけ質問したいことがある。 1・他の自... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 23時32分

» 志布志公選法違反事件「無罪」 [競艇場から見た風景]
当選した議員を妬んだ、誰かが警察に「アイツは金をバラ蒔いてる」との密告(タレこみ)に「そうかヨッシャ~、警察にしょっ引いて白状させてやる」こんな軽い感じで始まった、最悪な冤罪事件に当たり前だが無罪判決。 私が観光で志布志に行き、帰った直後に起きた事件なので..... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 23時45分

» 気づきのブログ そんなブログになりたい 【野党共闘】 [らんきーブログ]
書けば書くほど深みに入る野党共闘の話を3日連続で今日も書く(笑) 今まで40ちょっとの野党共闘のエントリを書いてきたが、私は民主党を中心とした野党共闘がいいとはおそらくあまり書いていないと思う。 私は中心は国民だ... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 00時28分

» 人間の強さも弱さも、美しさも醜さも [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.2.25.01:00ころ エースの願いなんていうエントリーを書いてしま [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 01時23分

« 志布志事件 12被告全員に無罪判決 | トップページ | タクシー運転手との心のふれあい »