« 愛知・瀬戸の業者逆転無罪 | トップページ | 判決に明白な誤謬 »

医師無罪:民事と逆判断

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

刑事と民事で逆判断。
刑事では過失はないと判断し、民事では過失の一部を認めて損害賠償の支払いを命じた。

昨日の記事に続く無罪判決ニュースである。


産婦人科医に無罪判決 出産直後の死亡事故で名古屋地裁

名古屋市港区の産婦人科医院で00年、出産直後の主婦(当時31)が死亡した事故で、医療ミスがあったとして業務上過失致死の罪に問われた医師桑山知之被告(48)の判決公判が27日、名古屋地裁であり、伊藤新一郎裁判長は無罪(求刑罰金50万円)を言い渡した。

判決によると、主婦は00年8月31日午前、同医院に入院。男児を出産した直後に大量に出血し、同日夜に出血性ショックで死亡した。

公判では、子宮の出口にある子宮頸管(けいかん)が裂けていたのが原因で出血性ショックに陥ったのかどうか▽施設や人員が整った大病院への搬送を怠ったと言えるかが主な争点だった。

検察側は「子宮頸管裂傷を見落としたうえ、早期に転院させる決断をしなかった過失がある」と主張。弁護側は「子宮頸管裂傷は存在せず、検察側が指摘する時点で転院させても救命できなかった」と反論していた。

事故をめぐっては、遺族が冷凍保存していた遺体を愛知県警が司法解剖し、桑山被告を01年11月に書類送検。桑山被告は03年8月、名古屋簡裁で罰金50万円の略式命令を受けたが、無罪を主張して正式裁判を求めた。

遺族は、桑山被告らに損害賠償を求める民事訴訟を起こし、名古屋地裁は昨年9月、約7700万円の支払いを命じた。民事の判決は、子宮頸管裂傷の存在を認めず、転院が遅れた点について責任を認めた。桑山被告は判決を不服として控訴している。
                         2007年2月27日 asahi.com


刑事と民事で逆判断は、私の一審と同じである。
但し、私の場合は刑事が有罪で民事が私の主張を認めたのであるが、事実認定があまりにもデタラメだったため、控訴審で私のその一審刑事判決は破棄されている。
この破棄されたデタラメ判決を下したのが、今回無罪判決を言い渡した伊藤新一郎裁判官だ。

今回はまともな判決かどうか、過失の有無が争点なだけに、いいかげんなコメントはできないが、人ひとり死亡した事件で求刑が罰金50万円というのは、いかにも軽い感じがする。

私の事件では、被害者と称する税務職員は何の怪我もしていないどころか、私のつぼまで割って遁走しておきながら、量刑は同じ罰金50万円だ。

してみると、被害者の遺族の気持ちはおさまらないかも知れないが、もともと検察の立件自体に無理があったのではないだろうか。

|

« 愛知・瀬戸の業者逆転無罪 | トップページ | 判決に明白な誤謬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5512701

この記事へのトラックバック一覧です: 医師無罪:民事と逆判断:

» 朝鮮学校、ブラジル人、日比婚外子 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.2.28.23:00ころ 以前、紹介した滋賀の朝鮮学校への不当捜査・弾 [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 23時41分

» 強欲なる一族 [競艇場から見た風景]
競艇事業立て直しへ「法改正」のつづき 法律を改正して「日本船舶振興会」への交付金を売上高の3・3%分から2・6%分に引き下げても、赤字の自治体には、一時しのぎにしかなりません。売り上げアップが見込めない自治体は、赤字が膨らまない内に即刻「競艇事業」から撤..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 01時53分

» 恐ろしい「臓器収奪犯罪」の新たな報告 [4つの目で世の中を考える]
先月書いた記事(リンク記載のみ)、「臓器収穫の為に、政治犯?強制収容所受刑者たちを殺害!?」に関しての続報です。 カナダ元閣僚のデービット・キルガー氏並びに国際人権弁護士のデービット・マタス氏は、○国全土の病院で行われている・・・臓器収奪に関する、新たに拡充した調査報告を発表した。 病院及び移植患者(臓器受容者)から集めた新しい証言及び不安にさせる証拠を提示した。特に今回の報告では、○国○○党のXXXX軍の関与も明らかとなっている。 マタス氏によると「患者が一旦○国に到着すると、誰かが臓器... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 20時47分

» 市大病院 [気になる]
去年の1月に39℃の熱が出て家の近くの診療所で見てもらい風邪薬をもらいました。5 [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 22時49分

« 愛知・瀬戸の業者逆転無罪 | トップページ | 判決に明白な誤謬 »