« 医師無罪:民事と逆判断 | トップページ | 警察官の地道な仕事ぶりに高い評価を »

判決に明白な誤謬

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

裁判所から更正決定の文書が来た。
平成19年1月31日にあった民事訴訟の控訴審判決の訂正である。

本判決は、一審で勝訴したのを逆転させた判決である。
税務調査に来た竹山孝財務事務官(特別国税調査官)らの供述の信用性につき、物証により否定した刑事の控訴審判決に従ってほとんど否定し、つぼを割った行為自体にも同財務事務官の過失を認めた。
しかし、ただ一点、物証による裏付けがとれないことをいいことに、私が向かって行ったのを避けるために割ってしまったという竹山財務事務官のウソの供述を根拠に、正当防衛を認めてしまった不当な判決である。

但し、判決の誤りの訂正は、判決及び判決理由ではなく、判決言渡日の訂正である。

                   更 正 決 定

控訴人兼附帯被控訴人  国
被控訴人兼附帯控訴人  ○○○○

上記当事者間の当庁平成18年(ネ)第690号、同第750号損害賠償請求控訴、同附帯被控訴事件について、平成19年1月31日に当裁判所がなした判決に明白な誤謬があるから、職権により、次のとおり決定する。
                    主    文
冒頭に「平成18年1月31日判決言渡」とあるのを「平成19年1月31日判決言渡」と更正する。
   平成19年2月19日
    名古屋高等裁判所民事第3部

       裁判長裁判官  青 山 邦 夫

           裁判官  坪 井 宜 幸

           裁判官  田 邉 浩 典

    これは正本である。
       同日同庁
            裁判所書記官 加 藤 雅 人


Burogu_006_1
「明白な誤謬があるから、職権により、次のとおり決定する」だと。
笑わせるな!
間違えてすみません、ではないのか!

更正の日付が、平成19年2月19日になっているが、この日は、私が当ブログ
http://hanbei.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/__7dbe.html
<契約書作らず映画制作  裁判員制度PRで最高裁>で、判決言渡日の間違いを指摘した日である。

お粗末な間違いを指摘され、この日に合わせて訂正してきた慌てようが目に浮かぶ。
間違いの訂正も、「
誤謬・職権により・更正する」と、いかめしい表現で威厳を保とうとするところは、立派というより滑稽である

勝負はまだついちゃいねえぜ!
威厳を保とうとする気持ちがあるのなら、公平で正しい判断に基づいた判決で威厳を示せ!!

|

« 医師無罪:民事と逆判断 | トップページ | 警察官の地道な仕事ぶりに高い評価を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5523346

この記事へのトラックバック一覧です: 判決に明白な誤謬:

» 石原都政打倒のため、浅野氏に都知事選に出てもらおう! [晴天とら日和]
私、体調が全く優れないから東京まで手弁当でっていうわけにはいかないけれど、江戸っ子の友人が結構います。だから、友人達に頑張って貰おう! (第一に、浅野氏に1票だよ!) 人の気持ちも色々だし、見方も色々だから、浅野氏の全部が全部良いとは言えませんが、ただ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 18時27分

» 多みんぞくニホン、ナチス、自由民権運動 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.3.3.01:50ころ おばんどす。 本日お送りするのは、以前、  オ [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 02時29分

» タレコミ事件の恐ろしさ [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 鹿児島選挙違反全員無罪事件、そもそもインチキ捜査が行われなければならないようなものを「事件」にしてしまったのは何だったのか?また、本日のテレビ朝日・サンデープロジェクトでは、過疎地の送迎営業が道路...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 07時19分

« 医師無罪:民事と逆判断 | トップページ | 警察官の地道な仕事ぶりに高い評価を »