« 袴田事件:1審で判決文、元裁判官「無罪の心証」 | トップページ | 東京高裁による意味不明な麻原弁護団の懲戒請求 »

鹿児島選挙買収 地検が控訴断念方針

<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい>

控訴断念は当たり前であり、関係者の処分は軽すぎる。


12人全員無罪確定へ 鹿児島選挙買収 地検が控訴断念方針


被告十二人全員に無罪判決が言い渡された鹿児島県議選の公選法違反(買収)事件について、鹿児島地検は六日までに控訴を断念する方針を固めた。福岡高検や最高検と協議を進めており、近く正式に控訴断念を決め、公表する。控訴期限は九日で、全員の無罪判決は十日に確定する。

二月二十三日の鹿児島地裁判決が、事実認定や証拠面を含め検察側の主張を全面的に退けたことから、控訴して逆転有罪判決を得ることは困難と判断したとみられる。

検察側は、二〇〇三年四月の県議選に立候補し当選した同県志布志市の元県議中山信一さん(61)が、選挙前に支援者宅で四回の会合を開き、投票の依頼や票の取りまとめをめぐり現金計百九十一万円の授受があったとして、中山さんら十三人(うち一人は公判中に死亡)を起訴した。

判決は、捜査段階で自白した六被告の調書について「強圧的な取り調べに迎合し、苦し紛れに供述した可能性がある」と信用性を否定。「客観的証拠は全くなく、買収会合の存在そのものが疑わしい」として、十二人全員に無罪を言い渡した。

判決後、鹿児島県警の久我英一本部長は「大変厳しい判決と受け止めている」と県議会で答弁。漆間巌警察庁長官は記者会見で「当時の捜査指揮がどう行われていたか、警察庁としても検証したい」と述べた。

事件をめぐっては、中山さんの親族で志布志市のホテル経営川畑幸夫さん(61)が任意聴取を受けた際、捜査員に家族の名前が書かれた紙を無理やり踏まされる「踏み字」行為を受けたとして提訴。鹿児島地裁が取り調べの違法性を認め、県に六十万円の賠償を命じた判決が二月に確定した。

県警は取り調べ担当の警部補を減給処分に、捜査を指揮した当時の志布志署長と本部捜査二課捜査班長をそれぞれ注意と訓戒にした。

■控訴断念当たり前
無罪判決を受けた十二被告の一人、元鹿児島県議中山信一さん(61)の話 検察の控訴断念は当たり前だ。事件は元からなかった。警察は捜査経過をきちんと検証し、組織の上に立つ人間の責任も明確にしてほしい。
                       
2007年3月6日東京新聞


判決後、鹿児島県警の本部長は「大変厳しい判決と受け止めている」と県議会で答弁したというが、
何が厳しい判決か理解に苦しむ。

本事件は、あまりにもひどい見込み捜査によるでっち上げであり、無罪判決は当たり前である。これが有罪なら、わが国も法治国家の看板を下ろさなければなるまい

取り調べ担当の警部補が減給処分で、捜査を指揮した当時の志布志署長と本部捜査二課捜査班長がそれぞれ注意と訓戒だとは、呆れてものが言えない。

注意や訓戒などというのは、本人に向かって、「これから気をつけましょうね」というだけではないか。
また、減給処分というが、給料をいくら減らすつもりだ。公判中に死亡したり、職自体を失って、給料など一銭ももらえなくなったりした被告もいるだろうに、この期に及んでも、まだ給料を取り続けるつもりか。
こういうのを
税金どろぼうというのである。

最近、事故を起こさなくても、飲酒運転をしただけで、職員を懲戒免職にしている自治体も多い。
被告らの蒙った捜査での仕打ちや勾留期間、ほぼ4年にわたる苦しい裁判生活等を考えると、捜査関係者は全員懲戒免職でも、決して重過ぎる処分ではない。

それに、直接取調べに当たった警部補より、組織内で責任の重い署長や本部の捜査班長のほうが処分が軽いというのも、理不尽な話である。

更に、このようなデタラメな捜査によるでっち上げ事件を起訴し、うその証拠により無実の人間を陥れようとした検察官らの処分が何ら発表されないというのも、民をなめくさっている。

税金どろぼうには、国民みんなでげんこつを食らわせやれ!!

|

« 袴田事件:1審で判決文、元裁判官「無罪の心証」 | トップページ | 東京高裁による意味不明な麻原弁護団の懲戒請求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145030/5591198

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島選挙買収 地検が控訴断念方針:

» 自民党政治=闇政治。真っ暗闇じゃぁ〜ございませんか!(サラ金の段) [晴天とら日和]
< 支持・不支持逆転の世論調査> 下がって下がって下げ止まりが利かない ★・FNN・産経新聞 支持39.1% 不支持40.9% ★・共同通信 支持40.3% 不支持44.1% (2月3〜4日) ★・JNN(TBS) 支持42.8% 不支持55.9...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 19時21分

» NHK「命令放送」訴訟の構造 [高野 善通のブログアネックス]
 今週発売の週刊現代、発売中の月間現代4月号でも裁判員制度批判記事が掲載されています。そもそも国策という観点から批判がほとんどされてこなかった裁判員制度。それをマトモに批判する記事であるというだけで読む価値は大変大きいものです。元東京高裁判事・大久保太郎氏は「裁判員制度は違憲のデパート」と以前から評されていましたが、デパートなんてものではない、辻元清美さん流に「裁判員制度は違憲の総合商社」ではないでしょうか? ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 19時39分

» フランスとニホンでは命の重さが違う? [言ノ葉工房]
♪世界中に定められた どんな記念日なんかより  あなたが生きている今日は どんなに素晴らしいだろう                  by the blue hearts 記事を読んだ時にエントリー出来ず遅れてお送りする... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 20時51分

» 憲法改正国民投票法案、明日、理事懇開催か?〜見切り発車させていいのか! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
日本国憲法に関する調査特別委員会の理事懇が、明日にも開催される可能性があるという。もし、開催されてしまうと月内の公聴会開催、委員会通過というスケジュールで押し切られてしまう可能性がある。国民主権を封殺する(←クリック)憲法改正国民投票法案の成立に荷担するな!という声を民主党に集中させよう! 現在の国民投票法案は、上で引用したエントリーで述べた最低投票率の問題だけでなく、①選挙でテーマになっていないまま国会で発�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 21時22分

» 松岡大臣、無償のはずの光熱水費が年5百万!+浅野を民主、東が支持+石原、蛮勇論by安倍 [日本がアブナイ!]
 5日から参院で予算委員会が始まった。  安倍首相もそうなのだが、首相や閣僚の多くは、参院の方がリラックスするのか、 かなり多弁になったり、本音っぽいことを話したりすることが少なくないように見える のは私だけだろうか?<中には、衆院よりちょっと見下しているような感じに見える 人もいるけど?!>  5日はTVで中継があり、安倍首相も時に声を荒げるようなかなり白熱した論議が 交わされたようなのだが<民主党の小川議員がなかなかいいツッコミをしていたよう だ。元・弁護士で参院・民主党の... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 07時18分

» 安倍政権、それぞれの思惑に走る。で、この政権は風前の灯火〜〜〜(アベシ自分で自分の首を絞めるの巻) [晴天とら日和]
今、水面下で内閣改造人事の鞘アテが行われているという。自民党重鎮たちはこのままでは参院選は戦えないという危機感を持っているという。今の政権をみれば、極々自然な感情であろうかと思う。さて、どんな思惑で動いているのやら、・・・・・ 青木の「タヌキジ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 20時11分

» 害悪 [植草一秀氏を応援するブログ]
今朝、ちらっとTVで富山の冤罪事件(強姦罪で服役後に冤罪がわかった事件)で富山県警が謝罪会見をしているような場面が写っていた。 見たときにはもう終わりだったので内容はわからずじまいでした。 その番組はみのもんた氏の朝のワイドショーだったのですが、みのもんた氏が富山県警のことを『冤罪の人に対してとんでもないことだ』というように責めていたが、植草一秀氏の公判があった翌日植草氏の事件に関してみのもんた氏は事件の事を検察側の言い分だけを引用し断定的に話していた。 数日前自分のやった『とんでもないこ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 11時55分

» 日本共産党は華麗に変身せよ!とおっ! [競艇場から見た風景]
国民の暮らしは、増税・医療・年金・介護保険の負担増に直撃され、障がい者・老後への不安や正規雇用で働けない若い世代の将来への不安、小規模経営の個人商店の先行きへの不安やサラリーマンもいつリストラにあうかもしれないという不安が付きまとっています。誰もが明るい..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 12時33分

« 袴田事件:1審で判決文、元裁判官「無罪の心証」 | トップページ | 東京高裁による意味不明な麻原弁護団の懲戒請求 »