真っ向勝負

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

名古屋中税務署に電話をかけると、総務課長席付の加藤という職員が応対した。
署長に取り次ぐことは、一切できないと言う。そこで、辰巳総務課長に電話を回してくれるよう伝えたが、辰巳総務課長も主張中で留守だという。署内勤務がほとんどの総務課長までが主張中だと言うのだ。居留守を使っていることは明らかだった。

私は、竹山孝財務事務官(特別国税調査官)が当方のつぼを割りながら、謝罪も弁償もせずに逃げ帰った経緯を説明した。そして、責任者と話し合いがしたいから、必ず電話をしてくれるように言付けを頼んだ。
しかし、その日一日待っても、中税務署からは電話がなかった。
予想できたことでもある。今まで、国税庁長官や名古屋中税務署長あてに抗議の請願書を6回も送付したが、ただの1度も返答がなかったからである。

どうしてくれよう。このまま、握りつぶすつもりだろうか。しかし、事実だけは伝えておかなければばならない。

翌日、寺沢辰麿国税庁長官に通告書を送付した。
まず、古賀事件を握りつぶし、法律に基づくいく度かの請願に一切対応しなかった。あまつさえ、不当な税務調査で報復し、つぼを割って謝罪も弁償もしておらず、これらの不正行為に対する抗議をすべて無視するという今までの行状を指摘した。
そして、請願を誠実に処理してもらうため、つぼを割った証拠写真を同封して全国の官公庁に請願書を送付する。次いで、その張本人の竹山財務事務官を器物損壊罪で告訴するとともに、国家賠償法の規定による損害賠償を求め、更に、積極的、消極的に本件事件にかかわった国税庁長官や名古屋中税務署長の責任を厳しく追及する旨を伝えた。

国税庁長官に上記通告書を送付した後、当該通告書のコピーとともに、竹山財務事務官と河地財務事務官の顔が写っている、つぼ破損の現場写真を同封して、関係官庁に片っ端から郵送した。
郵送先は、次のとおりである。
総務大臣 麻生太郎
財務大臣 谷垣禎一
財務副大臣 山本有二
財務副大臣 石井啓一
財務省事務次官 林正和
財務省大臣官房長 藤井秀人
財務省理財局長 牧野次郎
財務省主計局長 細川興一
財務省主税局長 大武健一郎
財務省国際局長 渡辺博史
財務省関税局長 木村幸俊
財務省財務官 溝口善兵衛
東京国税局長 東正和
名古屋国税局長 竹田正樹 

これだけ郵送すれば、何らかの返答があるだろうと思ったが、見事に何の返答もなかったのである。官僚どもは、一体何の仕事をしているのだ。働いていないのか、それとも、都合の悪いことは一糸乱れず完璧に隠しきる徹底した組織の統一が図られているのだろうか。いずれにせよ、不気味な集団である。

一週間経っても何の返答もなかったため、私は、通告どおり名古屋簡易裁判所に、国家賠償法に基づく損害賠償請求訴訟を提起した。破損したつぼ代5万円に慰謝料15万円を上乗せした訴訟額20万円の控えめな請求である。平成16年2月2日のことだった。

同時に、訴状のコピーを谷垣財務大臣、寺沢辰麿国税庁長官、林正和事務次官、大武健一郎主税局長、竹田正樹名古屋国税局長らに郵送した。

もはや、一歩も後には引けなかった。真っ向勝負である。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

つぼ破損事件:否認逃走2

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

「つぼを割っておいて、弁償もせずに逃げるのか!」
私は、持っていたカメラで立ち去ろうとする竹山孝財務事務官(特別国税調査官)を撮影した。
竹山財務事務官の顔や、割れて床の上に固まっているつぼの破片などを写したが、逃げ出すのが早かったため、3枚しか写せなかった。1枚目は、土間の部分で靴と履き替えるときの横顔を写した。2枚目は破損したつぼのかけらのかたまり部分を、3枚目は竹山財務事務官が事務所の扉を開けて外へ出て行こうとする後姿を撮影した。

竹山財務事務官が事務所から立ち去ってしばらくすると、隣の応接室から河地隆雄財務事務官(特別国税調査官)が事務室の方へ歩いてきた。脱いでいたコートを着込み、左手にはカバンを持っていた。
玄関へ向かう手前で、カメラを持って立っていた私と視線が合った。
「竹山がつぼを割ってしまって申し訳ありません」
と、謝罪するかと思ったが、河地財務事務官も謝らなかった。謝らなかったどころか、
「テープなんか投げてはいけませんよ」
と、捨てぜりふを吐いて立ち去ろうとしたのである。
(なんだ、こいつら)
自分たちの非は一切認めようとせず、非はすべてお前にある、というような言い方だ。つぼを割っておきながら、謝罪もせず、人に責任をなすりつけようとする二人の態度に、このときばかりは殴りつけたい衝動にかられた。

私は、すぐに河地財務事務官の顔をカメラで写した。
河地財務事務官も、一言発しただけでそのまま玄関へ向かった。
私は、爆発しそうな感情を抑えながら、悠然と背を向けて帰っていく河地財務事務官を撮影していた。

二人が事務所を立ち去った時、壁にかかっている時計を見た。午後2時25分を指していた。
事務室では妻が机に向かって事務の仕事をしており、つぼが割れてから二人が立ち去るまでの一部始終を見ていた。
妻は、つぼが割れたときの大きな音に驚いて顔を上げ、その現場を見たが、つぼを割った行為より、そのあとの、つぼを割ったことに二人とも全く触れずに、当たり前のように帰って行った異様な光景に、むしろ驚いていた。

これは夢か。まぎれもなく、現実であった。

二人の異常な行動について妻と言葉を交わした後、割れたつぼの破片がかたまっている部分を、角度をかえて6枚撮影し、フイルムを巻いた。
隣の応接室へ行くと、私の座っていた横のソファーの東側に、カセットテープのケースの破片が散らばっていた。テープの当たったパーティーションの中央部に目を近づけて見ると、キズとともにプラスチックケースの細かい破片が一つ突き刺さるようについていた。
その状況を眺めているうちに、河地財務事務官が帰りぎわに吐いた捨て台詞を思い出し、念のためにと、新しくフイルムをカメラに装填し、破片の飛び散っている辺りや、パーティーションのキズのついた部分を計14枚撮影した。

しばらく気持ちを静めた。3時頃になって、興奮していた心がやっと落ち着いてきた。
落ち着きを取り戻した私は、名古屋中税務署に抗議の電話をかけた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つぼ破損事件:否認逃走1

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

カセットテープをパーティーションに投げつけると、私はその場で立ち上がった。それに呼応するように、向かいのソファーに座っていた河地財務事務官も立ち上がった。
「何が嘘か!携帯電話の番号を教えると、営業妨害になる言うて、教えてもろてないやないか!」
竹山財務事務官は、関西弁なまりのきつい口調で言い返してきた。
「営業妨害?携帯電話の番号を教えることが、なぜ営業妨害になるのだ。いいかげんなことばっかり言うな」
私も言い返した。
電話を頻繁にかけられて営業妨害になるのは、事務所の一般電話の方である。携帯電話の場合は、都合が悪くなれば電源を切っておくとか、バイブにして電話に出ないようにするなど対処方法はいくらでもある。
以前、携帯電話の番号を尋ねられた時、電話番号を教え、同時に、会議中のような場合には、すぐには出られないこともあるからと、わざわざ気を使って連絡が遅れる場合の説明もしているのである。
竹山財務官は番号をメモし、まあ、この電話にかけることは、あんまりないですけどね、と言っていたのだ。それを忘れているのか、知っていてとぼけているのかわからなかったが、反発の仕方が尋常ではなかった。

「だいたい、今日はしっかり説明するという話じゃなかったのか。もともと、説明する気などなかったのだろう。難癖をつけて調査を打ち切り、更正処分する魂胆じゃなかったんか!」
私は、竹山財務事務官を睨みつけて更に追及した。
竹山財務事務官に、困惑するような雰囲気が見られた。
それを見て言葉を休め、傍らの河地財務事務官の方へ一瞬視線を移した。
その一瞬のスキを見計らったように、竹山財務事務官は背を向け、応接室から玄関に通ずる隣(北側)の事務室の方へ立ち去った。

その時である。
「ガッシャーン」
という大きな音が聞こえた。
「何をしたんだ!」
私は反射的にカメラを手に持ち、事務室の方へ駆けつけた。

見ると、玄関の方を向いた竹山財務事務官の足元に、割れたつぼの破片がかたまっていた。その状況から、竹山財務事務官が腹立ち紛れに、玄関付近に飾ってあった装飾用のつぼをたたき割ったものと判断した。
「なぜ、割るんだ」
私は、割れたつぼの破片を指差し、竹山財務事務官に問い詰めた。
すると、竹山財務事務官は、
「私、割ってませんよ」
と、人を小馬鹿にしたような態度で否定した。
否定するなり、そのまま玄関の方へ逃げだしたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

つぼ破損事件:口論4

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

「だいたい、古賀職員の件もそうだ。竹山さん、あんたがやらせたんじゃないのか。中川税務署員だと嘘をついて、どんなことをしてくれたんだ」
私は腹が立ち、古賀事件のことも持ち出した。

すると、それまで元の位置に座ったまま、二人のやりとりを黙々とメモしていた河地財務事務官が、突然口を挟んできた。
「それはですね、嘘をついたわけじゃないですよ。古賀は正しい理由があって、中川税務署員を名乗ったのですよ」
それを聞くなり、
「なぜ、あんたがそんなことを知ってるんだ!」
と、私は河地財務事務官を睨みつけて言った。
「こっちは、署長に抗議したのだ。何回抗議しても何の説明もなかったくせに、今更何を言い訳するんだ。正しい理由があったなら、なぜ、今まで言わなかったんだ。古賀職員の件が出たら、こう言えと署長に言われてきたのか」
河地財務事務官は黙った。
「それに、こっちはほかの税務署員を名乗ったことより、ものの1時間程度で7~8回も電話をかけてきて、人の仕事を邪魔したことを問題にしてるんだ」
名古屋中税務署や国税庁の今までの対応ぶりが想起され、私もやや興奮ぎみに反論した。
河地財務事務官は黙ったまま、口を開こうとはしなかった。

私は、竹山財務事務官の方へ視線を戻した。
「署長にしても、総務課長にしても、人の話は全く聞かずに、こそこそ汚いまねばっかりして。このあいだの臨宅通知書でもそうだが、留守を狙って証拠作りをするような汚いまねをするな。そんなに急ぐなら、携帯電話にでも電話すればいいじゃないか」
と一気にまくし立てた。
すると、竹山財務事務官は、
「携帯電話の番号なんか、教えてもらってないじゃないか」
と、人を小馬鹿にしたような態度で否定してきた。
その態度と、またぬけぬけと嘘をついてくる厚かましさに、私は一瞬かっと頭に血がのぼった。
と同時に、私が座っていたソファーの右ひじ掛けの上に置いてあったカセットテープを1本つかんでいた。
それを、竹山財務官に投げつけてやりたい衝動にかられ、手を振りかざしたが、
「うそばっかりつくな!」
と言って、私が座っていた右側(西側)のパーティーションの南角あたりを目がけて、座ったまま投げつけた。竹山財務官の立っていた方向とは、違う方向である。
大人気ない行動ではあったが、こういう状況下で燃え上がった心を静めるには、物に当たるしか方法がなかった。

投げつけたカセットテープは、そのパーティーションの中央に当たり、プラスチックケースが割れてその破片が一人掛け応接ソファーの東端あたりに散らばった。カセットテープの当たったパーティーションは、表面はクロスが張ってあるものの、本体の材質は硬い金属製のため、予想外の割れ方だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぼ破損事件:口論3

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

「今日はしっかり説明していただけるという話でしたが、こんなことでは、またいいかげんな説明しかしてもらえないかもしれませんな」
私は、カセットテープレコーダーから竹山財務事務官との電話の内容を録音したテープを取り出し、新しいカセットテープに入れ替えた。
そして、
「しっかり説明していただくため、今日の説明の内容を録音させていただきますよ。いいですか」
と言って、テープレコーターをセンターテーブルの上に置いた。

すると、竹山財務事務官は、
「説明をテープで録音するなど、普通の状態じゃない。調査を終わりにする!」
と怒ったように言い、カバンとコートを手に持ち、帰ろうとして立ち上がった。
私は慌てた。
「しっかり説明すると言っておきながら、途中で帰るんですか!」
私は咄嗟に、帰ろうとする竹山財務事務官を、座ったまま持ってきたカメラで撮影した。
連続で2回シャッターを押した。デジタルカメラではないから、きれいに写っているかどうか確認できなかったが、1枚目は竹山財務事務官が立ち上がって横を向き、河地財務事務官の方へ移動するところを写しており、2枚目は河地財務事務官の席まで来たとき、席から立ち上がって持っていた書類で自分の顔を隠した河地財務事務官と一緒のところを写した。

竹山財務事務官は、そのまま応接ソファーから離れて行き、隣の事務室との境にある扉を開けて応接室から出て行こうとした。
が、何を思ったのか、向きを変えて一、二歩応接ソファーの方へ戻ってきて、立ち止まった。

「写真を撮るとは何事ですか!写真を返しなさい!」
と、竹山財務事務官は、激しい口調で言った。
「あんたが途中で帰るからじゃないか。説明しないのか!」
私の口調も激しくなった。
「写真を撮ったりして、そんなのは普通の状態じゃあない。調査を打ち切って更正処分を行いますが、いいですか」
「いいかげんな調査をして、嘘ばっかりつくのが普通の状態か。更正処分?やるなら、やってみろ。説明もせんと、職務怠慢じゃないのか!」
私も言葉を返した。
「いいかげんな調査とは何事ですか!私がどんな嘘をついたと言うんですか」

何を白々しくぬかすのだ、と私は思った。
署長同席のもとで説明することに同意しながら、約束をほごにし、しかも同意したこと自体否定しているではないか。当初の調査結果の説明では、詳しく調べていたら時間がなくなるとか、よくわからないから課税するとか言っておきながら、後になってそんなことは言っていないなどと否定しているではないか。現に今も、しっかり説明すると言いながら、難癖をつけて説明していないではないか。
これらを嘘と言わずに何と言うのだ。
今まで、都合が悪くなると、そのつど平気で嘘をついてきて、私がどんな嘘をついたのだ、とはよく言えたものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

つぼ破損事件:口論2

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

「ぜんぜん変わってないじゃないですか。また、嘘ばっかりつくんですか」
私は、先日の電話の内容も持ちだした。
調査結果金額を提示してきた12月12日の説明が、詳しく調べていると時間がかかるから推計したとか、わからないところは全部所得漏れにして課税するなどという、いいかげんな説明だったから、今度は正しく説明してくれるのかと尋ねたところ、竹山財務事務官は、そんなことは言ってないとしらを切ってきた件を持ち出したのである。

「署長同席のもとで説明するなんて言ってないし、わからないところは課税するなんてことも言ってないですよ!」
と、竹山財務官は厳しい口調で言い返してきた。
その後も、言った、言わないの口論が続いたため、
「言ってますよ、聞かせましょうか」
と、私は用意してきたカセットテープレコーダーに、平成15年12月17日の竹山財務事務官との電話の内容を録音したテープを装着し、センターテーブルの上に置いて聞かせた。
「このとおり、言ってるでしょう」
と私が言うと、
「いつ、私が署長同席のもとで説明するなんて言ったんですか。言ってなかったでしょう」
と、竹山財務官は答えた。
「言ってるでしょう」
私は、もう一度、録音したカセットテープを聞かせた。
「署長同席のもとで説明するなんて言ってないし、署長を連れてくるとも言ってないじゃないですか」
竹山財務事務官は、同じことを言った。

(これは、一筋縄ではいかない)
と私は思った。
録音されている内容を聞かされても、平然と否定するのである。
「竹山さんが積極的に署長同席のもとで説明するとは言ってませんが、署長を交えて質問したい、竹山さんが自信をもって調べられたのであれば、その時にしっかり答えていただけばいいですから、という私の話に、わかりました、と答えてたじゃないですか。聞いてたでしょう」

「そんなことは言ってない!」
竹山財務事務官は、ついに怒ったように言った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぼ破損事件:口論1

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

平成15年1月23日午後2時頃。
竹山財務事務官と河地財務事務官の両名が、私の事務所にやって来た。事務員でもある妻が応対し、事務所の南側の応接室に案内した。
私は、やりかけの仕事に区切りをつけ、応接室に向かった。
応接室の北側にある三人がけソファーの西側に竹山財務事務官が座り、その東側に河地財務事務官が座っていた。
私は、応接室の南側に一人がけソファーが二つ並べてあるうちの西側のソファーに腰を下ろした。竹山財務事務官の向かい側である。私から向かってその右側に、河地財務事務官が座っていた。
運ばれてきたお茶を飲みながら、時候のあいさつや、ふたことみこと世間話をした後、本題に入った。午後2時10分頃である。
「今日は、お二人だけですか。署長はやはり、お見えにならなかったんですね」
と、私は言った。
「二人だけですよ。署長を連れてくるなんて誰も言ってやしないですよ」
と、竹山財務事務官は答えた。非常に横柄な口のきき方だった。
「誰も言ってないって、竹山さん。以前、総務課長は署長に会わせることを約束しましたよ。竹山さんも、電話で署長同席のもとで説明することに、承諾してくれたじゃないですか」
「私が、いつ署長同席のもとで説明するなんて言ったんですか!」
「確かに、おっしゃいましたよ、竹山さん」
「言ってませんよ」
竹山財務事務官は、頑なに否定した。
「言ったじゃないですか」
私も、言い返した。
「言ってないものは言ってないですよ」
竹山財務事務官も、譲らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

調査結果の説明4

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

平成16年1月18日、再度、寺沢辰麿国税庁長官に対して請願書を送付した。
まず、平成15年12月20日付の請願に対して何ら対応がなされておらず、その後も名古屋中税務署からの嫌がらせが続いていることを指摘した。
そして、前回の請願事項と同様に、名古屋中税務署に対し、公平・適正な税務調査を行うよう厳しく指導することを求め、南博昭署長、竹山孝特別国税調査官、古賀聡明職員の3名の懲戒を求めるとともに、前回の請願に対してどのように対応したか文書での説明を求めた。 
           
むろん、何の返事もない。
今までのいきさつから、何の対応もなされないだろうことは、請願書を出す前からわかっていたことであった。

請願書を出してからそのことに気付き、竹山財務事務官に電話した。仕事の日程をみて、1月23日の金曜日の午後2時に、私の事務所に来て調査結果の説明をしてくれるよう伝えた。                           

その説明に、上司を立会わせることはないだろう。とにかく信用のできない連中だ。まともな説明は期待できないかも知れない。調査の続行ややり直しもしないなどと言っている。
しかし、今まで、修正申告をするかどうかの返事だけを求めていたのが、今は、まがりなりにも、説明すると言っている。いたずらに署長等の上司立会いにこだわって長引かせても、仕事に悪影響を及ぼすだけで、何の得にもならなかった。
その時にまた、いいかげんな説明をするようだったら、カセットテープへの録音を求めて記録を残せばよいではないか。そして、それを証拠に調査のやり直しを求めていけばよいではないか。

こう着状態に陥っていた事態が、打開されるような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

調査結果の説明3

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

翌日、名古屋中税務署の辰巳総務課長にも電話した。
竹山財務事務官は、説明するから時間をとってくれと言っていたが、立会人は自分の部下であり、正しい説明など、とても期待できない。現に昨日の電話でも、嘘をついて事実を認めなかったから、署長か副署長のどちらかを立会人として同席させ、嘘をつかない正しい説明をしてほしい。その結果不備があれば、調査の続行ないしやり直しをしてほしい、と要請した。

だが、辰巳総務課長の回答は、署長は立ち会えない、調査結果の所得税額等は変わることはない、調査の続行もやり直しもしない、しかし、説明だけは竹山にしっかりさせるからという、わけのわからないものであった。
これでは、何の意味もない。説明された調査結果の金額や税額が、こちらの資料と照合して間違っていたことが判明しても、調査の続行ややり直しをしなければ、わざわざ説明を聞く必要などないではないか。

こんな当たり前のことも、辰巳総務課長には、わからないのか。いや、わざと、とぼけているのだろう。
その電話で、再度、竹山財務事務官の税務調査の不当性も訴えたが、辰巳総務課長は、
「竹山は公正で適正な調査を行っているから、もう一度説明を聞いてやって下さい」
と、紙に書かれた文章を読み上げるように言うばかりであった。

ふざけた回答である。
「それは、署長の回答ですか、総務課長個人の回答ですか」
と私は質した。
「組織の回答です!」
辰巳総務課長は、言下に答えた。非常に力強い口調であり、大きな圧迫感が伝わってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

調査結果の説明2

<はじめてのかたは、トップページからお読み下さい>

年が明けた。
平成16年1月15日、事務所の郵便受けに、臨宅通知書と書かれた紙切れが配布チラシやダイレクトメールに混じって入っていた。紙切れ一枚であるから、うっかり捨てるところであった。
その臨宅通知書には、次のように書かれてあった。

「臨宅通知書  平成16年1月15日   ○○○○様    本日、11時20分頃、あなたの所得税調査のためお伺いしましたが、ご不在でした。つきましては、平成15年12月12日に、あなたに説明しました調査所得金額及び調査所得税額並びに消費税、地方消費税の課税標準額及び消費税の調査額について、再度説明いたしますので、1月16日(金)17時までに下記担当者まで連絡ください。   なお、連絡いただけない場合は、文書(更正通知)により、平成12年分、平成13年分及び平成14年分に係る所得税並びに消費税及び地方消費税につきまして、通知いたします。    記   連絡先(担当者)  名古屋中税務署 個人課税部門  特別国税調査官 竹山 電話 962-3131 内線2301」 

臨宅通知書をみて、竹山財務事務官に電話した。
「説明するんですか」
と私が言うと、説明するから、時間をとってくれ、と言う。
「どなたが立ち会うんですか」
「私の部下が立ち会う」
「部下?前回も部下でしたが、まともに説明してくれませんでしたね。詳しく調べてると時間がかかるから推計したとか、わからないところは全部所得漏れにしただとか、そんな説明でしたね」
私が言うと、
「そんなことは、言ってませんよ」
と、竹山財務官は、妙に落ち着いた口調で言った。電話の向こうで人を見下したような態度が窺われた。
「言ってないって!確かにそう言ったじゃないですか、竹山さん」
私は語気を強めた。
「言ってないですよ」
と竹山財務事務官は、今度は不機嫌そうに答えた。

調査金額を提示した昨年12月12日の話のやり取りが録音されていれば、それを目の前に突きつけて聞かせてやりたい気持ちだった。
証拠が出せるものなら出してみろ。竹山財務官には、そういった傲岸不遜な態度が現れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)